たばこ嫌いな霊?

杣人に聞いた話

一人で山に入って仕事をしていた時のこと。
煙草を吸いながら切り株に腰掛けて電話をしていた。
相手は遠く離れた山中で働いている仲間。
やはり一人で煙草休憩中。

他愛もない話に花を咲かせていると、突然目の前にスッと白い手が現れ、持っていた煙草を払い落として視界の外に消えた。

慌てて周囲を見渡しても人の気配はない。
思わず「アレ?」と声が漏れたのと、電話から『ん?』という声が聞こえたのが同時だった。

「どうした?」
『いや、さっき目の前に手が出てさ。煙草をパッと払い落とされたんで、見回してみたんだけど・・・・・・誰もいないみたいだな』

二人が見たのは、細い女のような手。
なぜか、手首に赤い布のようなものを巻いていたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!