携帯で霊を挑発してしまった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺の友達の話をする。
こいつ(A)は心霊現象とか信じない奴で、誰かが体験談を話しても、疲れてたんだとか、見間違いとかですぐ否定するんだよ。
だけど変な奴で心霊スポットとかにはやたら行きたがる。

本当にいるなら見てみたい!って思ってるらしい。
皆がこの辺で止めておこうって引き返そうとしても、1人で奥の方まで見に行くタイプだった。

Aを含め4人でホテルの廃墟に行った時は、入り口からやばい雰囲気が出てて、誰も車から降りれなかった。

案の定Aが1人で行ったもんだから、置いて帰るわけにもいかず車で待機していた。
すると俺の携帯にAから電話が。

何かあったのか?と思い、通話ボタンを押すとずっと無言。

どうしよう?
何かあったのか?
やばい、助けに行くか!?と、皆がパニックになってる中、Aが帰ってきた。

いつもは平気で1時間とか帰ってこないし、何かニヤニヤ笑いながら向かってくるんで、なんだか不気味だった。
運転してた奴が何を思ったか、ドアロックし、窓を少し下げて無言でAの様子を伺ってた。
たぶんこいつはガチで怖かったんだと思う。

Aが車に近づきながら言った。

「わりーw車に携帯忘れたから戻ってきたわーw」

俺は手に持ってる携帯を確認した。
まだ通話中だった。
俺はすぐ切ればいいのに何だか怖すぎて電源ボタンが押せなかった。

Aが車に戻ってきて事情を説明すると、「携帯貸してみろ」って言い出した。

Aに携帯渡すと、Aはスピーカーにしやがった。
「もしもーし?聞こえますかー?w」とかAがふざけて話しかけると、ザーザザーザーとノイズ音が聞こえた。
皆シーンとなった。

よく聞くとザーザザーの中にザッザッザッザッという音が聞こえた。
明らかに誰かの足音。

「おーい、こっちこいよ!俺に会いに来い!」Aが話しかけると、ザッザッザッ・・・ザザザザザザ(明らかに走ってる)音が聞こえた。

その瞬間、運転してた奴が車を急発信し、Aの横に座ってたやつが携帯折って窓から捨てた。

その見事な連係プレーで俺達は救われた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!