ジャンプ公園の女の子

小学校1年生か二年生かの頃の話です。

当時、仲のよかった三人の友達がいました。
俺を含めると4人。

それで、その4人がその時ハマってたのが、砂場で山を作って、水路を作り、頂上から水を流す遊びでした。

しかし、その日はいつも遊んでいた公園を上級生に占領されてしまい、チャリで追いまわされて追い出されてしまいました。

水汲み用のバケツを持参していた俺たち4人はそのまま家に帰る気にもなれず、他の公園に行こうということになり、その公園から少し先にある小さい公園に向かいました。

しかし、その公園の砂場はすでに先客がいたし、何より水道と砂場の距離が離れているので、俺たちのやろうとしている遊びには適してしませんでした。

じゃあ、今日は帰ろうか・・・という風になり始めた時、誰かがジャンプ公園にいこうと言い出しました。

そのジャンプ公園というのは通称で、正式にはなんていう名前かは知りません。
そのジャンプ公園は公園のすぐとなりが雑木林でなんとも不気味な公園でしたし、学校では幽霊が出ると噂される公園でした。

ジャンプ公園の噂は子供の間ではかなり有名なもので、遊具も多くて比較的広い公園なのに、昼間でもだれもいないような怪しい不気味さがある公園でした。

しかし、遊びたい一心の俺たちチビッコ小学生四人組の前では、そんな噂はなんの歯止めにもなりませんでした。

みんなでジャンプ公園に急いで向かいました。
それだけ、砂場での水遊びにハマっていたのでした。

予想通り公園に誰もいません。
始めのうちは公園の不気味さを感じながら恐る恐る遊んでいた俺たちでしたが、熱中し始めてしまえばそんな不気味さなど全く気にならなくなっていました。

ひとしきり砂場で山を作って水を流したりダムを作って水をためたりして砂場での水遊びを楽しむと、ちょうど日が暮れてきてパンザマストがなり始めたので、俺たちは帰ることにしました。

日が落ちてくるとジャンプ公園は一層不気味さをましていました。
こんな不気味なところでよく遊んでたなと・・・その時思ったのを覚えています。
結局ジャンプ公園には俺たち以外誰も来ませんでした。

四人で家に帰る道すがら話していると、友達のIが妙なことを言い出しました。

I:「ジャンプ公園て幽霊のせいで誰も遊んでないと思ってたけど、俺たちのほかにも遊んでた人いたね」

すると友達のMが「どこで遊んでたの?誰もいなかったよ」と聞き帰すと、Iは「ブランコで女の子が一人で遊んでたじゃん」と答えるのです。

水道はブランコの近くあったので、水汲み係だった俺は誰かが遊んでたら気がつくはずです。
しかしブランコには誰もいませんでした。

不気味な思いを抱えながらそれぞれの家に帰りました。
家について気がついたのですが、水汲みようのバケツは俺ので、それをジャンプ公園に忘れてきてしまったのです。

母親に事情を話すと「今日はもう暗くなっちゃったから明日とりに行きなさい」と言われました。
正直今から取りにいけと言われなかったことでほっとしました。

その日の夜九時頃ですが、帰宅した父親が俺の公園に忘れてきたはずのバケツを持っていました。

ちょっと不機嫌そうに「おい、バケツで遊んだんなら玄関の前に置いておかないできちんと片付けろ」と言っています。
そのバケツは何処にでもある普通のバケツで、名前も住所も書いていません。

しかし、そのバケツには泥や砂がついていて、確かに俺の持っていったバケツでした。

子供心にめちゃくちゃ恐かった思い出です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!