死者からの注文

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

専門学校生の時、デリバリーやってる寿司屋でバイトしてた。

たまたま支店で事故した奴が出て代わりに配達するためにそっちの店に行った。
話が変わるけど、オレの住んでる所には県内では有名な幽霊マンションていうのがある。

かなりデカいマンションで地元では幽霊マンションと誰かが呼んだことからオカルト好きなヤツの間ではそう呼ばれるようになった。

場所も市内の中心地に近く、部屋も豪華なはずなのに空き部屋が異常に多い。
一時期、ひどい時にはとある階層で一部屋飛ばしで4件ほど部屋が売られることがあった位だから相当おかしいよね。

まぁ何のことはなく、そこから配達の依頼が来たわけで、もちろん振られるのはオレ。
目立つから場所はよくわかるし、大きなマンションは仕事も楽だからって初心者に回されるわけ。

車に乗ってマンションに行くと、お高いマンションなのにエレベーターホールの電気が所々切れてたりする。

気にせず9階のボタンを押して指定の部屋に寿司を持っていったんだけど、何度呼び鈴を鳴らしても誰も出てこない。
時間は21時少しだったけど、もしかしたら急用で出たのか?と思って何度か呼び鈴を押して一度店に連絡とろうと車に戻った。

んで店から「もう一回訪ねてみて出てこないようなら持って帰ってきて」と言われ再度エレベーターに乗る。
その時ちょうど酔っぱらったスーツの男性が小走りで駆けこんできた。

軽く頭を下げて「何階ですか?」と聞くと「9階で」と言う。

「あ、同じですね」と答えると小声でニヤっとしながら「何号室?」と聞くので「◯◯号室っす」とオレも小声で答えると男性が急に仰け反った。

オレ、息臭かったかな?と思って男性から距離を取ると、男性は急にまじめな顔をして言ったんだよ、「そこ先週、住んでた人が自殺して空き家だぞ」と。

もう完全に顔面蒼白よね。
酔っぱらいの冗談かと思って「冗談ですよね」と聞いた瞬間に9階にたどり着いた。

男性の部屋はエレベーターを降りてすぐの部屋。
問題の部屋はそこから3件隣の部屋。

オレはそのまま目的の部屋に歩いて行ったんだけど、男性は玄関の前でこっちを不安そうに見ている。

何度か呼び鈴を鳴らしたあと一切物音も人の気配もしないからあきらめて足早にエレベーター前まで戻ると男性が声をかけてきた。

「本当にあそこ?一つ下の部屋とか上の部屋じゃないの?」と。

けど何度確認しても◯◯という苗字はその階にしかいなかった。

男性は「おーコワ!なんじゃそりゃ!」と言いながら玄関に飛び込んでいった。

言われた通り車に荷物を積んで店に帰ると店長に物凄い勢いで怒られた。
いわく、◯◯さんから電話があって「いつまでたっても来ない」と怒られたという。

部屋を間違えたんじゃないか?と激怒する店長に、その部屋の話をして実際に出てこなかったという話をすると「そんなはずない」首を傾げた。

結局信じてもらえずに店長と一緒にもう一度マンションに向かって部屋の呼び鈴を鳴らした。
やはり部屋からは何の反応もない。

表札こそあるけど、いくら呼び鈴を鳴らしても出てこない。

22時少し前だったけど、さっきの男性に話を聞こうと思ってエレベーター前の部屋まで行く。

店長が「本当にこの部屋?」と聞くので「そうです」と答えると、店長が玄関を指さした。
その男性の部屋も空き部屋だった。

オレはその日に仕事を辞めて、それ以降そこには近づいてすらいない。
けど嫌でも生活してたら目につくところにあるんだよなぁ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!