毎日プールサイドに立つ女

私の母の家系は霊能体質で、例のごとく、私もよく霊というものを見たことはあるのですが、その中でも特別霊媒体質な従姉妹のKの話です。

Kは母の実家(祖父母宅)で家族(Kの父母)と祖父母と同居しています。
Kは引っ込み思案な性格ではあったけれど、スポーツ万能で友達も多かった。
中でも得意だったのは水泳。

中2になった夏、Kは何年も通っている水泳教室で「プールサイドに見たこともない女の人が立ってる」とKの母に話したそうです。
けれど、水泳教室の見学は普通は生徒の家族しか見にきません。
そこは小さい教室で、ましてや田舎。
何年も通っていれば身内であればある程度の顔は分かっています。

そして不思議な事がもう一つ。
「プールサイドに着衣のまま立っていた」こと。

最初はKも気にしなかったのですが、次の週も、また次の週もその女の人はそこに立っていたそうです。

夏休みに入り、毎週立っている女がそう気にならなくなってきた頃、Kは帰り道でその女とすれ違いました。

やっぱり気味悪いと思いながら「さようなら」と軽く会釈をしてKは帰ってきたそうです。
が、その夜、24時にはKを含む家族全員が就寝したにも関わらず、Kが3時を回って玄関から帰宅してきたのです。

Kの母がKを叱ろうと玄関まで行くと、ずぶ濡れのKがその場で倒れていたそうです。

それから一週間同じことが続きましたが、K自身に全く記憶がないことから、Kの母は夢遊病だと思い、病院に行くことになりました。

検査の結果は異常なし。
夢遊病ではないと診断されました。

そして、遂にはKの母親も気味が悪いとKを近くの霊能者だか拝み屋のところだかに連れて行きました。

すると、その霊能者は「このままだと娘さんの未来は目茶苦茶になる」と拝み始めたそうです。

そのお経?が終わるまでKは喉元を押えて「苦しい」とのたうち回ったそうですが、その日からKが夜中にずぶ濡れで帰って来るということはなくなったそうです。

後で知った話ですが、その年の丁度Kが女を見始めた頃、近くの川辺でバーベキューをしていた子供が足をすくわれて流され、助けようとした母親が子供の命を守って亡くなっていたそうです。

Kが見た女がその母親か否かは定かではありませんが・・・。

長文にお付き合い頂きましてありがとうございました。

この後、Kは様々なものに苦しみ、30歳近くになった今も嫁にはいけず、身内以外との接触は持たずひっそりと暮らしていますが、その話はまた機会があれば。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!