ひばりが丘駅で遭遇した女

私的にはほっこりとした体験なのですが、人に話すと「怖いよ!」と言われてしまいます。
文章へただったらごめんなさい。

東京に住んでいた時の話。
我が家の最寄り駅の一つ前の駅が、終電の際の終着駅でした。

ある日、平日ダイヤと休日ダイヤをうっかり見間違え、自分の最寄り駅へ行く電車がなくなってしまいました。
仕方がないので初めて一駅歩くことに。
時間は深夜1時頃。

怖いなと思っていたのですが、私の他にも同じ境遇の人が数人いたらしく、同じ方向に歩く人がぱらぱらいたため、そんな気持ちも無くなりました。

段々分かれ道に差し掛かるにつれ、一人減り、二人減り、とうとう私と、少し先を歩く女の人だけになりました。
OLっぽい人でした。

女の人とは、常にある一定の距離が保たれていたのですが、最寄り駅が見えてきた!という時になって、徐々にその距離が縮まってきました。
そしてとうとう追い越しそうになった時、『この女の人が前を歩いてくれていたから、夜道も怖くなかった。本当に心強かった。どんな人だろう?顔が見てみたいな。』と思い、すれ違い様後ろを振り返った瞬間、女の人の姿が消えてしまいました。

脇道も家もない一本道で、姿が隠せそうな場所はどこにもないのに。

『あー、幽霊だったのかなー』とぼんやり思いつつ、駅にたどり着くまでのおよそ1時間、先導してくれた事に感謝しました。

あまり関係のない情報でスレ消費するのは、と思ったのですが、西武池袋線です。
保谷からひばりが丘駅まで歩いて帰りました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!