第一発見者になっちゃった

マジで見た。

もうだめだ。
なんだか怖いってよりびっくりした、ってか斬新過ぎてもう参った。
とりあえず今帰ってきたんだが。

もうわけわかん。
とりあえず速報だからテンションおかしいけどこのまま続ける。
あの・・・俺病院勤めてるんだ、情報システム室にね。

でね。
まあなんだ。
今日ね、ちょっと前まで談話室なんかでよく、元気よかったお婆ちゃんが、最近体調を崩して顔を見なかったんだけど、夕方に窓辺のいすに座ってぼ~っとしてるそのおばあさんみたのよ。

そうそう。
それがあれなんだけど、てっきり、俺は良くなったんだと思って「やあ、吉川さん(そのおばあちゃん)、なんだ元気になったんだね」なんて言って向こうもいつも通りニカーって笑って、確か「山の尾根もかみしこ(?)」てね(意味わからなかった)まった関係ない話するのよ。
今日雨降ってるし、この病院から山なんて見えない。
何かわからないから「は?」ってね。
もしかしてボケちゃったのかと思ったのよ。

お婆ちゃんなぜか「ぉーっ」て小さく口を開けるようにしてこっち見て。
何か関心してるっぽい顔するのよ。

えー?どうしたのよ・・・ってちょっとこっちがポカーンとして見つめてたら、消えるとか透けていくとかなしに、いきなりいなくなった。

いや、見てた。
目の前だった。
フェイドアウトなしに突然視界から消えた。
ほんと、なんていうか、難しい。
意識が一瞬飛んだのかと思うくらい瞬間的に消えた。

で、そのまま、「え?あれ。なんだっけ。あ、そうそうって、今吉川さんと話してたよな確か」、みたいな。

で、あれー?どうしたんだっけかなあ・・・なんて1,2分くらい混乱してた。
で、わかったのよ、さすがの俺も、オカルト好きだから。

その後ガクガクになって、すぐに病室に。
俺が発見することになった。
部署があれだから、人の死に直面することはあんまりなかったけど、勤め初めて1年半で3回目、第一発見は俺初めてだった。

すぐに看護婦さんを呼んで、先生に発見した時の話して、ついでに、窓辺の話もしてみたけど、「ふーんっ」てだけ。
きっと信じてないね。
いや、わかってたのかもしれない。

とにかく見た。
とうとう見た。
本当にびっくりした。
でも、お婆ちゃん、亡くなっても笑ってた。
それだけは覚えてる。

ごめん、いまさらちょっと怖くなってきた。
まあそんなところ。

やばい本当に怖くなってきた。
お婆ちゃん、安らかにね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!