実家で一度だけ”それ”を見た

これは私が7才ぐらいの時に体験した話です。

家族は父、母、祖父、祖母、私、弟の6人です。
夜21時、祖父を除く5人でカルタをしていた私達は、母親の『もう寝ようね』で、カルタをしまおうとしていました。

祖父は柱にもたれて、雑誌を読んでいました。
何気なく廊下の方を見たら、御手洗いの電気がついています。

『誰か消し忘れたのかな?』

ぐらいにしか思いませんでした。
部屋と廊下は透きガラス一枚でしきられています。
やがて電気のついたトイレから人が出てきました。

『誰かな。おばあちゃんトイレに行ってたんかな?』

私は、ふと、隣を見ました。
おばあちゃんは、私達と一緒にカルタをしまっています。
部屋の人数を数えました。
私を入れて6人全員揃っています。

私の様子を見た母親が、トイレを見ました。

『あっ』と小さく叫びました。

母親は隣にいた弟を抱っこしました。
父も廊下に気づき、こわばった表情をしています。
おばあちゃんの手が私の手を握りました。
冷たくて震えていました。

小声で私に『見ちゃダメ』と言われましたが、私はなぜか廊下から目が離せません。

ガラス越しに白髪の老人が、かすりの浴衣を着て歩いています。
ガラスを開けて入ってきたら・・・と思うと身体中が心臓になったみたいにバクバクしました。

時間的にはあまり長くなかったと思います。
ただ私達にはすごく長く感じました。

おじいちゃんがガラスを開けたと同時に、浴衣姿の老人は煙のように消えました。
そのあとはおじいちゃんが、塩をまいていた記憶があります。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!