死者に引っ張れれる旅館

高校の卒業旅行の時のほんのり話。もう随分前だけど。

北海道のちょっと辺鄙な旅館に、私含め女3人で泊まった。
おしゃべりも楽しんでそろそろ寝ようかという事になり、窓際が私、真ん中に霊感のあるA、部屋の一番奥にのんびり屋のB、という順で布団を敷いて眠った。

しばらくすると隣に寝ていたAに揺り起こされる。
起きてみたら、Aと布団をくっつけて寝ていたはずが、なぜか私の布団はAの布団と離れ、窓際まで移動していた。(ちなみに窓際には、覆いのかかった大きな鏡台があった)

自分の寝相が悪かったんだなあと思い、「いや~、ごめんね」とAに謝り、布団をくっつけ直して再度就寝。
ところが、またいくらもしない内にAに起こされる。

私の布団は気のせいか、さっきの時よりも窓の近くに移動していた。
AはBも起こしていて、何も言わず私の布団を自分とBの間に敷き直した。

ちょっと怖い顔をしたAに「真ん中で寝なさい」と言われて、ああ寝相が悪くて迷惑かけるなあ、と思いながらまた眠った。
今度は朝まで起こされる事はなかった。

翌朝、Aは「あんた、引っ張られてたんだよね・・・」とポソリ。
夜、その場で言うと私が怖がると思ったそうだ。

そういえば前日旅館の人から、ここらは維新後に罪人を投入して開拓した土地だという話を聞いた。
開拓する機材とかがなくて、木のてっぺんに人がよじ登ってその重みで木を倒すとか、かなり荒っぽい方法だったんで沢山犠牲が出たとか。

窓の外には、そういう人達の念が残っていそうな、鬱蒼とした雑木林が広がっていた。

そっち方面にうとい自分が、唯一経験したほんのりでした。
今でもたまに、畳2畳分くらい布団が隣と離れていた、あの光景を思い出します。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!