遮断機が上がらない理由

だいぶ前に取引先の方から聞いた話。

その日は接待で遅くなり、自宅の最寄駅迄の電車が終わってしまった為取り敢えず行ける所迄電車で行き、タクシーを掴まえて自宅に向かったそうな・・・。

話好きな運転手さんと世間話をしながら自宅近くの踏切に差し掛かったところ、タイミング悪く踏切が降りてしまったと。

その人はお酒も入り尿意を覚えていた為、なんで終電終わってるのに踏切閉まるんだよとイラつきながらも、大人しく後部座席で踏切が開くのを待っていたそうな・・・。

すると、保守点検用の専用車輌がゆっくりと通過して行き、警告音も止みランプも消え、さて踏切が開くかなと待っていたら・・・いつまでたっても踏切のバーが上がらない。

街路灯の薄明りの中、寝静まった街中でタクシーのアイドリングの音だけが吸い込まれて行くようだったと。

彼:「あれ?故障ですかねえw」
彼が苦笑混じりに運転手さんに話かけると、「どうですかねえwでも何か引っかかってるんですかねえw」と運転手さんも苦笑混じりに応える。

彼:「ごめんなさい、ちょっとオシッコ我慢出来なくて、ちょっとそこの草むらで用を足してからバーを持ち上げるんで踏切渡っちゃって貰えます?」

運転手:「ああ、そうですかwちょっと本当はマズイんですけど終電終わってますよねえ・・・じゃあちょっと試してもらえますか?」

という事で彼はタクシーを降りて用を済ましてから踏切のバーを持ち上げようと下から両手を掛けた。

ちょっと力を入れると少ししなる・・・。
何とか動きそうだとグッと力を入れたら少し上がった・・・。
これなら上がる、ヨシっともっと力を入れた・・・。

急に重くなってガタンっとバーが元の位置に戻ってしまった。

あれ?なんだ?・・・。
彼は頭を捻りながらグっと力を入れて持ち上げようとしたけど、今度はピクリとも持ち上がらない。

あれ?おかしいなと思いながらもタクシーを待たせてるので悪いと思い、何度も持ち上げようと悪戦苦闘し続けたけど上がらない・・・。
すると、クラクションの音が短く響いた。

彼は運転手さんが痺れ切らしちゃったのかと思い「ごめんなさい、あとちょっとなんで・・・」とタクシーの方を向いて言うと、運転席側の窓が開いていて、そこから運転手さんの右手が出て違う違うと言うように掌を横に振っている。

彼は「え?何?どうしました?」と言いながらタクシーに近づくと、運転手さんが目を見開いて凄い勢いでおいでおいでと手を動かしている。

彼:「え?何?お巡りさん来ちゃった?」
彼が聞くと運転手さんが「いいから早く乗って乗って」と窓から顔を出し搾り出す様な声で言う彼は只事ではないと思い急いで後部座席に乗り込んだ。

するとドアが閉まるのを待ち切れないくらいの勢いで運転手さんはバックで発進し、少し道路が広くなった所で切り返すと踏切が見えなくなる所迄タクシーを進めた。

彼:「え?何?お巡りさん通り掛かった?」
少し落ち着いた感じの運転手さんにやっと彼が声を掛けると、運転手さんはこう言った。

運転手:「お客さん、本当に見えなかった?本当に?・・・・・・いやね、お客さんが踏切のバーを持ち上げようとしてる時にね・・・・・・小学生くらいの男の子がそのバーの先の方でね・・・ぶら下がる様にしてたんだよ・・・こんな夜中におかしいなと思ったんだけどね、まあこんな時間でも出歩く子供が居ない訳じゃないし・・・邪魔になったらお客さんが声掛けて帰すだろうと思って見てたんですよ・・・そしたらお客さん気が付かないみたいで・・・私、あれえ?と思って見てたらその子供が笑いながらお客さんの方に近付いて行くじゃないですか・・・ニタ~っとした嫌な笑い方で・・・バーを両手で抑えて・・・それでね、これは不味い奴だと気が付いてここに居ちゃいけないと思ってお客さん呼んだんですよ・・・本当に見えなかったんですか?あれ・・・」

彼は驚きながらも「そうなの?いや全然バーが動かないからおかしいと思ってたんだけど、そんな子供見えなかったよ・・・でも呼んでくれてありがとう・・・」と応えたそうな。

すると運転手さんは「いえいえ・・・でも、見えなくて良かったのかもしれませんねえ・・・あんな気持ちの悪い笑い顔の子供が近くに居たら、私なら正気でいられないと思いますよ・・・」と、低い声で言ったと・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!