黒騎士の衛星と呼ばれる人口衛星

“Black Knight” Satellite”
「ブラック・ナイト・サテライト(黒騎士の衛星)」

1万3000年も前から北極上空を通過しながら地球軌道を移動している巨大人工衛星が発見されており、タイムズ誌やNASAもその存在を認めています。
「黒騎士の衛星」と名づけられているこの人工衛星の存在は、すでに54年前から確認されているのです。

「ブラック・ナイト」衛星とは何なのか?
それは1960年に発見された不可解な起源不明の人工衛星。
地球外を起源としているのではないかと考えられており、1920年代から1930年代の古い電波を姿を消すまで送信していた。
天文学者のダンカン・ルナンが解析した短波パターンでは、エプシロン・ボーティス(或いは13,000年前の星系)が起源である事を示していた。

1960年2月
米国は自らもそしてソ連も成就し得なかった偉業となる、極軌道にある未知の物体を検出した。
まるでそれが十分ではなかったかのように、両国が打ち上げ可能であったどんな物よりも数サイズ大きいのは明らかであった。

そして奇妙なことが始まった。
アマチュア無線家達が奇妙な暗号化されたメッセージを受信し始めた。
ある人物が発信の1つの解読に成功し、それが星図と一致していたと事細かに話している。
星図は13,000年前の地球からの描写であり、エプシロン・ボーティス星系に焦点が当てられていた。

1960年9月3日
衛星がレーダーに最初に検出されてから7ヶ月後、グラマン・エアクラフト・コーポレーションのロングアイランド工場の追跡カメラがその画像を撮影した。
当時は地上にいる人々も約2週間に渡ってそれを時折目撃していた。
赤い発行物体が東から西への軌道を移動するのを目撃者した人達は逃げ出した事だろう。
ブラック・ナイト衛星に関して得られた数少ない資料によると、当時の殆どの衛星は、西から東へ移動していたようだ。
その速度は通常の約3倍あったという。
調査のための委員会が設立されたが、それ以上は何も公にされなかった。

▼転載元
http://ameblo.jp/junraelian/entry-11878277330.html

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!