急に死にたい願望が・・・

学生時代は毎日毎日遊ぶ暇がないほど勉強をし、まるで心を閉ざした人間でした。

テスト前の日。
ずっと勉強して朝方になった頃。
父の書斎へ辞書を取りへ行き本棚から辞書を取って・・・女性を見てしまいました。
窓の向こう側に女・・・。
ガリガリの女性がへばり付いてるのが見えてしまった。

「なんだコイツ・・・」

口を大きく開けて窓からは見えない所へ逃げたが、急に目の前が真っ暗になった。

自殺。
したくなった。

「死にたい死にたい死にたい」
「行きたくない行きたくない行きたくない」

そんな言葉を何回も機械的に繰り返し思い、生きるのがいやになった。

すると、ドアの開く音がして恐る恐る後ろを振り返ると、父が立っていた。
すぐに部屋から出て行ったけど、感情が安定した。

父が何かしたな?

あとあとじいちゃんに聞いてみると「まだこの地方に居たとわな。それは邪視女を見てしまったのだよ」と言っていました。

じいちゃんが子供の頃は毎年数人は自●者が出ていたらしいです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!