患者の胸から取り出し食べる

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

2012年1月の話。

祖父が肺炎で入院して、もう年が年なので最後かもしれないと思い、泊まり込みでお見舞いに行きました。

6人用の大部屋だったんですが、同室していたのは30半ばの男(以下Aさん)だけでした。
他の患者さんはぞくぞくと退院なされたらしく、たまたま残ったのが祖父とAさんだけだったそうで、快適そうでした。

初日の祖父は、申し訳なさそうに終始俯いていました。
夜が近くなり、やっとまともに口を利いたかと思えば「今日は泊まる所はあるのか?」や「病院に宿泊するのはやめておけ」と、私を帰らせようとする素振を見せ始めました。

当然、ホテルなんて取っていませんし、椅子を並べて寝ようと思っていたので、病院に宿泊するという意志を伝えました。

しばらくしてバッグから財布を取り出し「お金はやるからホテルで寝ろ」と言って差し出してきたのですが、「気を使わなくていいから寝てて」と言ってしまいました。
その日は特に何もありませんでした。

次の日の夜、また祖父に病院から追い出されそうになったが、残ると言い張って残った。

失敗だった。
就寝したのは午後22時を回ったあたりだったろうか。
尿意をもよおして起きた。

起きた時間はわからない。
起きようと思ったが体が動かない。
人生で初めての金縛り?のようなものだった。

Aさんが一人で喋ってる声が聞こえた。
目だけは動く不思議な感じ。
仰向けに寝たままAさんの方を見ようとするが、カーテンがかかっている上に、視角の端っこに月明かりでカーテンに照らされたAさんの影が映る程度にしか見えなくて、あまりよく確認できなかった。
でも声は聞こえる。

「そんなもの食べれない。くすぐったいからやめてって」

じゃれているようにも思えるような楽しげな声だったが、影がもう一つカーテン越しに現れた。
Aさんのお腹あたりから出てきたような気がする。
そしてまたお腹のあたりに影が入ってく。

ずっと動けないまま3時間くらい経ったろうか?
外が少しずつ明るくなり始めた。

まだ薄暗かったけど、カーテンの開いた窓から見える空が群青色とコバルトブルーの間くらいの明るさになった頃に、Aさんは話さなくなった。

私の体も動くようになって、Aさんを見に行こうとした時、何かが私の手を掴んだ。

祖父だった。

汗をびっしょりかいた顔で、まるで『行くな』と暗示するような表情と首を横に振る仕草を私に向けていた。

その瞬間に我慢していた恐怖がどっと押し寄せて、尿意もいつの間にかどこかへ飛んでいった。

睡眠用にと病院に貸し出してもらったマッサージチェアへ腰をかけ直すが、今までの出来事を思い返すと眠れなかった。

祖父が退院してから聞いた話ですが、あの部屋には悪魔(西洋の者)が居たそうです。
それらしい物の一部始終を見ていた私ですが、まだ信じれないです。

祖父の向かい側で寝ていた人がその悪魔に襲われている所を、祖父が見たそうです。

祖父の話によると、夜中にふと目を覚ましたら、向かいの人が胸をぱっくり2つに割られて、その中の物を食べる人のような形をした1mほどの小さい何かを見て、目が合ったそうです。

顔に血などの痕はなく、本当に人のような顔をしていて、目を合わせるとこちらへ寄ってきて、目を閉じると、また向かいの人の胸をぱっくりと割って何かを食べていたそうです。

向かいの人はその最中、楽しそうに話していたとか・・・。
それから3日ほどして向かいの人が退院して、1週間ほどで満室だった部屋が二人になったそうです。

Aさんは検査のために他の病院へ移され、その後どうなったかはわかりません。
祖父は肺炎も無事に治り、お寺の住職へと復職しました。
今も元気です。

お寺で起こる不思議な出来事を楽しそうに話す祖父のことを、小さい頃は戯言くらいにしか思ってなかったですが、今回のことがあったので少し信じようと思いました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!