マイクで確実に録音された声

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

放送局に勤めてたころの心霊?
不思議体験。

私は地方ラジオ局でディレクターしてた。
その地域では、夏になると廃ビルで大掛かりなお化け屋敷が開催される。
霊感ゼロだけど怖いの超苦手だったけど、演者引き連れて取材に行った。

地元では、心霊スポットとして噂の廃ビル。
なかなか凝ったお化け屋敷で、怖かった。
演者たちもワーキャー言いながら、お化け屋敷はクリア。

そのあと演者4人で感想を収録した。
マイクを中央に固定して、囲む形で。

A:「怖かった!」
B:「ほんとに!汗だくですよ!」
C:「わっほんとだぁー!」
D:「きゃっきゃっ」

現場では違和感なく終了。
関係者から、昨夜女の人の幽霊が出たとか、でもお祓いはきちんとしてあるだとか雑談で裏話を聞いて局に帰った。

放送するためには編集せねばならん。
2畳くらいしかない防音の編集ブースに入って22時くらいに作業してた。

例の箇所で違和感を覚えた。

A:「怖かった!」
B:「ほんとに!汗だくですよ!」
C:「わっほんとだぁー!」
D:「きゃっきゃっ」

ボリュームを上げると、小さく、微かに、Cのあとに女の声が入っていた。

??「私もそう思います」

ボリュームを上げるとくっきりそう聞こえた。
遠くからの声が入ってしまった感じではなく、マイクの近くでささやいていた。

もう一度言うが、マイクは中央に固定していた。
つまり、誰もマイクには近づいていない。

何度繰り返しても「私もそう思います」が入っている。

2畳の密室で気づいてしまったので、悲鳴をあげてオフィスに走った。
勘違いであってほしいと思いながら他のスタッフ達にも聞いてもらったところ、『間違いないな』とのことだった。
ゾッとした。

まぁ話の流れからして、「汗だくだなぁ」「私もそう思います」なのでちっとも怖くないけどw

会話に参加したかった可愛い幽霊の話でした。

もちろんその箇所はカットしてオンエアしたよ!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!