バスの窓越しに恐怖を感じる

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

話すのが嫌なのでここに投下。

その日俺は、東京から、愛知に帰って来てたんだ。
そんで、実家に行く為に、駅からバスに乗った。
ここまでは普通。

でも、その乗ってた人がやばかったんだ。

バスん中で、小3くらいの女の子が1人で乗ってんの。
その子、服もバックも全部真っ黒なんだよ。
ちょっと不気味だった。

でもさ、神様って意地悪だよな。
その女の子と、隣の席になっちまった。
しかもその女の子は、俺にすげえ話掛けてくんの。

女の子:「初めまして」
俺:「はぁ・・・・・・」

ぐらいの会話だったんだな。

で、その子を近くで見て寒気がした。

何故かっていうと、肌が青白くて、瞬きを一切せず、時々すごい嫌な笑顔を浮かべるんだよ、その子。

俺、震えが止まらない。

女の子が、俺にこう言ったんだ。
田んぼを指差して、「私・・・・・・あそこで溺れて死んだんです」って。

俺:「・・・・・・え?・・・・・・え?」

めっちゃ震えた返事しか出来なかった。

女の子:「兄と遊んでたんですけど・・・・・・兄は、私を見捨てて行きました。今でも許せません」

俺がその女の子に、「そうなんですか・・・・・・」と言おうと思ったその時だった。

女の子:「私のこと・・・・・・不気味だと思いましたね?許さない・・・・・・許さないユルサナイユルサナイユルサナイ」

壊れた人形みたいに、フフフフってわらいながらこっちに寄って来る。
そんでその子の右手をみたら・・・・・・血だらけのハサミを持ってた。

もう必死でバスのボタン押して、全速力で降りた。

そしたらその女の子・・・笑いながら、バスの中で、窓越しにこっちを見てた・・・・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!