姉の部屋の天井に変な物が・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺の体験を聞いておくれ。
下手な文章で悪いけど。

俺の家の二階は、部屋が三つある。
そのうち二つが俺と姉の部屋で、あと一つが今これを書いているパソコンやテレビがある父の書斎。

間取り的には、俺の部屋が姉の部屋の向かいにあって、姉の部屋と書斎が隣り合う形になっている。
んで、一年ほど前から、書斎でテレビ見たり、パソコンでネットしてるときとかに、隣の姉の部屋から誰かがブツブツ言っている声が聞こえる。

最初に聞いたときは、おおかた、姉が電話でもしているんだろうと思っていた。
で、何日かして、またいつものように声がしはじめた。

俺はまた姉ちゃん電話でしゃべってんのか・・・ウルサイなぁ・・・と思ったが、ほうっておいた。
そして、一時間くらい経った後、俺はトイレに行くために一階へ降りていった。
用を足した後、ふと居間の方を見てみると、姉がテレビを見ている。

俺が「あれ?姉ちゃん今、上(二階)にいんかった?」ってきいたら、「はぁ?あたし今帰ってきたとこやん」て言われた。

じゃあ一時間前から聞こえてたあの声は・・・?って思ったら、背筋が寒くなった。

あとでよくよく考えてみると、あの声が聞こえてるときに姉が部屋にいたときは一度もなかった。

姉にこの事を言おうかと思ったが、姉はめちゃくちゃ怖がりなので、結局、言いだせないまま、ホームステイをしに海外へ行ってしまった。

その後、今でもブツブツ喋っている声はきこえる。
この前一度、勇気を振り絞って何を言っているのか聞くために、書斎と姉の部屋を隔てている壁に耳をそっとあててみると、「・・・ブツブツ・・・ブツブツ・・bpvdhれwがあ゛ア゛ーーーー!!!!!」ていきなりなんか叫び声に変わって、壁をドゴン!ドゴン!!と殴ってるようなおとが聞こえてきた。

俺はもうマジで腰抜かしてガクガク震えながらその場にヘタレこんでしまって、頭ン中は恐怖で真っ白だった。

音を聞きつけた親父が来てくれて、助けおこしてもらい、急いで一階に避難した。
数分後、何も聞こえなくなったので、こわごわ姉の部屋をのぞいてみた。
特に変わったところはないし、壁を殴ったあとも無い。

そこで、ふと上を見ると、天井に文字らしきものがかいてある。
そこには、『タロ/じ』とあった。

なんじゃこりゃ?と思ったが、気持ち悪いことには変わりないので、すぐ部屋を後にし、近所のお坊さんを呼んで、事情を説明した。

お払いに来たお坊さんに「これなんて書いてあるんですか?」と聞いたら、お坊さんは「あぁ、これはな、怨て書いてあるんや」と教えてくれた。
確かにつなげたら怨という字に見える。

俺があわてて「ちょっ大丈夫なんですか?」てお坊さんに聞いたら、「だいじょうぶだいじょうぶちゃんとお払いしたし、Yちゃん(姉の名前)の部屋に出たひとは、もともとこの土地に執着してたひとで、たまたまYちゃんの部屋に居座っちゃっただけ。君の家にももうでないし、Yちゃんにも影響はないから安心していいで」といってくれた。

坊さん曰く、我が家は悪いものがたまりやすいらしい。

その後、もうブツブツ言う声は聞こえないし、オーストラリアにいる姉にもなんの影響もないようだ。
天井の文字もいつの間にかきえてた。

でも、一つ気になってることがある。
それは、夜中にずっと階段を上り下りする気配がすることだ。
不安だが、ホントにやばいことになったらまたあのお坊さんをよんでみることにしよう。

長文付き合ってくれてありがとうございました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!