屋根裏のおばあちゃん

小学2年の時、同じクラスのKちゃんとよく遊んでた。

Kちゃんは毎日大好きなおばあちゃんの話をしてくれた。
やさしくていろいろ話を聞いてくれるし、いろいろ教えてくれて、いつも屋根裏部屋で話すのだと。
仲良くなった私のこともおばあちゃんに話したよって言ってた。

ある日、おばあちゃんに会わせたいから家に来てと言われて、どんなおばあちゃんか楽しみに少し離れたKちゃんちに行った。

家はふつうの庭付きの二階建てだったが、リビングに梯子があって屋根裏部屋に登れる作りだった。

Kちゃんについて梯子を登ると、ミシンが置いてあって小綺麗な屋根裏部屋だった。

おばあちゃん!
おばあちゃん!

Kちゃんが何度も呼んだ。

きょろきょろ見渡してあれ?おばあちゃんいない・・・とKちゃんが呟いた。
私は不在かと少しがっかりしたが、外で遊ぼと言われて遊んだが結局おばあちゃんには会えなかった。

その次の日からKちゃんはまったくおばあちゃんの話をしなくなった。
不思議に思って聞くと、あれからおばあちゃんいなくなっちゃった・・・と寂しそうに言った。

その後もKちゃんやその近所の子達とよく遊んだが家に入ることもなく、クラス替えで離れたら遊ばなくなった。

どうしても気になってKちゃんの近所の子に聞いたら、あの家におばあちゃんはいないよと言っていた。

それ以来なぜか小中校一度も同じクラスにならず真相も聞けずじまいです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!