その出来事から合宿は中止になった

高校の頃、部活の合宿があって、鹿児島県の山里に行ってきた。

以前は別の施設での合宿だったが、昨年からそこの宿になったらしいが、特に変な噂は聞いてなかった。
が、着いてみるといかにもオンボロで出そうな雰囲気。
周囲にはポツポツと民家があるだけでも救いだった。

夕食を終えて、部屋に戻るときに、何気なく廊下の窓から外をみると、裏手の藪の中に明かりがついているのを見つけた。

窓の反射?と思ったが、あきらかに外。
友達に言うと「民家じゃないの?」という。
別のやつらに言うと「あそこは森だから民家なんかないだろ」「おばけだ!」「幽霊だ」と盛り上がってくる。

何人かは「行ってみようぜ」ということになったが、他のよくある話にありがちなように肝試しにいくことはなかったw

次の日の朝、廊下で見てみるとやはりそこに家はなかった。
日中はすっかり忘れてたが、その日の夜にはまた明かりが。

しかも何となくフラフラっと動いているようにも見えた。
特にたいして仲の良くない連中たちが「行ってみるぜ!」と言いだし、数人で出かけて行った。
すると少し経ったあと、「ギャー―!!!」という大声が響きわたった。
声の主はわからない。
教師も出てきてワイワイガヤガヤとなり、大混乱状態になった。
それでまぁいろいろとあって次の年の合宿は中止。

数か月後、連中の一人に「あれなんだったの?」と聞いたが、「わからん」と言うだけ。
「でもアレはやばかった」と声を震わせながら語った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!