それを親父と一緒に見てしまって釣りを止めた

もう10何年か前になる。
親父と親父の友達数人で船のイカ釣りに行ったんだ。

もちろんイカ釣りは夜中にライトを付けて釣る釣り。
だから夕方からの出船だったんだけど、当日は天気もよくて、海に沈んでいく夕日を船の上から眺めて一緒に来ていた親父の友達の子供と騒いだりしていた。
で、暗くなった頃にポイントに到着したんだが、かなり沖に出ているので360度何処を見渡しても水平線しか見えない状態で、もし船が沈んだら絶対助からないな、などと親父と冗談を言い合いながら釣り始めたんだが、これが全くつれない。

普通イカというのは群れで動いているから釣れ始めるとバタバタとつれるはず・・なんだがたまに誰かが一杯か二杯。
パラパラとつり上げる程度で、嫌になるほど釣れない。

隣で釣ってたおっさんは船長の腕が悪いとかブツブツ言いながら釣ってたし、俺は早々に船酔いになって船室に引っ込んで仮眠を取ったりした。

で、そんなこんなで真夜中を過ぎた頃。
俺が起きて釣り座に戻ってみると、みんな嫌になったのか、殆どの客が寝ている状態になっていて、高い船賃を払って釣りに来たのか海に寝に来たのか解らない状態になってた。
なにせ操縦室を覗いたら船長までうたた寝してやがったくらい。
そんな状態で何となく仕掛けをおろす気にもならなくて海の中を覗いていたら、集魚灯にものすごい量の小魚が集まっていてその下にはかなり大きな魚が腹を返す光や影が見えていた。

イカ釣りの仕掛けしかなかったのが悔しくて、親父に「道具持ってきてたらあれ釣れるよね」などと言っていたとき、親父が「あれなんだ?」と船の下の方を指さした。

その方向をじっと見てみると、かなり大きな影が結構深そうな所を泳いでいる。

サメか何かか!?

そう思って目をこらしてみているとその影・・・明らかに人型なんだわ。
岸に使い所ならダイバーと言う可能性もあるだろうが、今居る場所はかなり沖のまさに太平洋のど真ん中でそれもあり得ない。
周りを見渡しても遠くに別のイカ釣り船の漁り火が見えるだけ。
親父と俺はしばらく顔を見合わせた後、仕掛けを上げて船室に入ってそのまま朝まで釣りもせずに夜を明かした。

他の人も居たけど、見たのは俺たちだけだったみたいだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!