産まれてくるはずだった子の叫び

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

高校1年の夜。

私は、壁際に置いたベッドで、壁の方を向いて横向きに寝ていました。

眠っていた私は、突然目が覚めました。

普通に目覚める時のようにゆっくりと、ではなく、ぱっちりと目が開きました。

突然目が開いた私の目の前に、私を凝視している顔がありました。

添い寝をしているような体勢で、顔と顔をつき合わせてしまったのです。

目鼻立ちのくっきりしたその顔は、性別はわかりませんでしたが、表情は怒ったような、何かを訴えるような表情をしていました。

と言っても、長い時間その顔を見ていたわけではありません。
顔から下も見ませんでした。
それでも目に焼き付いてしまったのです。

怖くて反射的に寝返りをうちました。

その時目に入った、壁と反対側のベッドサイドに置いてある時計は1時過ぎを指していました。

壁を背にして横向きになった私は、その瞬間、金縛りに遭いました。

初めての経験でした。

体は動かない。
声ももちろん出せない。

寝返りをうった瞬間、目を固く閉じてしまったらしく、目も開けません。

そして、指先ひとつ動かせずに怯えている私の背後には、まだあの顔の誰かが添い寝をしています。

固まってしまった私の首筋に、息がかかるのを感じます。

早く、それでいて冷たい息が首筋にあたってきます。

私はパニック寸前でした。

そして、さらに恐ろしいことに、声まで聞こえてきたのです。

その声は「ママ~、ママ~」と言っているように聞こえました。

やはり男とも女ともつかない、地の底から聞こえるような、頭の中に直接響いてくるような声でした。

怖くて怖くて、逃げることしか考えられなくなってしまった私は、なんとかして体を少しでも動かそう、声を出そう、これをなんとか振り切ろう、としました。

体に力を入れ、どこでもいいから動かそう、声が出なければ音でもいいと、とにかく全身を力ませていたように思います。

そして、振り切れそうな気がしました。

その後、気が付くと私は、さっきまでと同じ姿勢でベッドの横の床に横たわっていました。

とても長い時間倒れていたような気がしましたが、慌てて起きあがり部屋の明かりをつけて時計を見ると、5分もたっていませんでした。

夢かとも思いましたが、息のかかる感触、声の響きはどうしても夢とは思えません。

余談。

その後、飼っていた犬を部屋に連れて来てみたら、天井の角に向かって吠えつづけ、更に怖くなったのでとりあえずその方向に向かって「出て来てくれるな」とお願いしつつ何故か謝っておきました。

この件の前から知っていましたが、母は私と弟の間に生まれるはずだった子供を死産しています。

なにか関係があるのかもしれませんが、その後は異変はありません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!