友人に何かあったら”そいつ”のせいだ

14~15才の頃の話。

私の故郷はその昔小さな城下町だった町。
いつも一緒の6人と、その日も私の家で遊んでいた。
時は午前2時。
その中でも仲のよいYは「やっぱり帰る」と言い出した。
仕方がないので6人が、ずらずらと自転車で送ってやる事になった。

途中にアーケードの商店街。
そこを抜けて、すっと暗くなった頃から、Yの自転車のスピードがおかしくなってきた。

私達5人を置いて、先へ先へと行っている気がした。

「おい、Y」
「おい。Y」
「おい、Y」

何度呼んでも振り向かず、とうとうそのまま家に着いた。
Yは振り向きもせず、玄関を閉めた。

怒った私は次の日、Yを問いただした。

すると、「最初に名前を呼ばれた時、振り向いたら、荷台に知らない女が乗っていたから振り向けなかった」と。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!