そんなところで死んでいた原因が不明

え~、不可解な出来事ということでお話を1つ。

7年前、結構世話になっていた祖父の兄(当時89歳)が亡くなった。

死因は老衰。
特に病気もしていなかったらしく、「安らかな眠りについた」という感じだったらしい。

亡くなった次の日、早速葬儀がとりおこなわれた。
葬儀には私を含め、ほとんどの親戚一同が参列した(って言うか親戚だけだった)。

ただ、亡くなった祖父の兄の妻(当時88歳)だけが葬儀には参列しなかった。

亡骸が火葬場に向けて出発し、当時まだ若かった私は留守番となった。
ふと祖父の兄の妻がいなかったことに気付き、様子を見に行った。
すると親戚の人と一緒に別の部屋の隅で何かしているのを発見した。

そこにいた親戚に色々と聞いたところ、亡くなった日からずっとこの場所で泣いていたらしい。

で、葬儀に出ようと言っても泣きながら「足が痛いから行かない。」としか言わなかったらしい。(元々その人は足が悪く、一人で歩くのは無理ってぐらいだった)

で、少し痴呆も入っていたこともあり、いくら言っても聞かないのでそのままにしておいたらしい。
で、親戚一同が戻ってきて次の日が日曜日ということもあり、祖父の家に泊まることになった。(言い遅れましたが、祖父の家と祖父の兄の家は地続きで、祖父の家の隣に兄の家があるんです)

で、その夜のこと。

飯を食い終わって一息ついていたところに電話の呼び鈴が鳴った。
親戚の一人が受話器を取った。

「もしもし?」

私は一部始終を近くで見ていた。
するといきなり、「なぁ。この電話なんか変だぞ。」と言って私に受話器を差し出してきた。

受話口に耳を当ててみると、「ガ・・・ガロロロロ・・・ガロロ・・・」となんともいえない普段とは違う機械音がしてきた。

普通なら「ツー」とか「ツー、ツー」みたいな音だがそれとは全く違う。

「なんなんだろ?これ?」
「いたずら電話じゃねぇのか?」

とりあえず受話器を元に戻した。
するとまた数分後、電話の呼び鈴が鳴った。

「またいたずらか?」
そう思い、何か言ってやろうと私自身が受話器を取った。

「もしもし・・・」

「ガガガガー・・・ガー・・・ガロロロロ・・・」

急に気味が悪くなり急いで切った。

「何だった?」
「またさっきと同じ・・・」
「なんだか気味が悪いなー」

とりあえずその後電話がかかってくることはなかったが、気味が悪かったのでその日はすぐに布団にくるまりすぐに寝た。

で、深夜2時ごろ。
周りの慌しい声に起こされた。
こんな時間に何だよ・・・と思いつつも布団から出た。
近くにいた母に何事か、と尋ねた。

すると、「婆ちゃん(亡くなった祖父の兄の妻)が家からいなくなったのよ」と言う返事が返ってきた。

家中が慌しかったのはそれが原因だった。
親戚の人が寝ようとして、亡くなった祖父の兄の妻が気にかかり、様子を見に行った所、既にもぬけのカラだったそうだ。

私も探す、と買って出たが「とりあえずもう遅いから寝なさい」と言われ、渋々寝た。

そして朝の9時ごろに目が覚めた。
深夜のことが気になり親戚を探した。
が、誰もいない。
外に出ると母親がちょうど向こうの家(兄の家)から戻ってくる所だった。

「どうだった?見つかった?」
「う~・・・とりあえずね・・・」
「え?とりあえずって?」

真相はこうであった。

私が寝た後、親戚一同、警察、地元の消防団であたり一体を捜索したそうだ。
だが一向に見つからず、途方に暮れていたそうだ。

そもそも足が悪いから出歩けるはずないのに・・・とそんなことをみんなで話していると、祖父が直感で「もしかして」ととある場所が思い浮かんだらしい。

その場所はそこから1km以上も離れた「堤(つつみ)」だった。
とりあえず、祖父と警察官1名、消防団員数名でその堤にいってみたらしい。

その場所はとてつもない山道で、普通の人が歩くにも大変な場所だった。
そこには巨大な沼みたいな池みたいなものがあり、その真ん中に朽ち果てた古木が立っているのだが、祖父の直感どおり、遺体はその朽木に引っかかっていたらしい。

結局、祖父が警察やら何やらに話をつけ、ほとんど公にはしなかった。
私も死因は不明と聞かされただけで詳しいことは聞かされていない。

その後、警察があたり一体を捜索したが結局婆ちゃん(祖父の兄の妻)がどうやってそこに行きつけたのかは不明だったらしい。

祖父の兄の葬儀が行なわれた次の次の日、また葬儀が行なわれたのは紛れもない事実である。

以上です。
長々と乱文乱筆失礼しました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!