行き先は地下でよろしいでしょうか?

今から5年ほど前の話。

当時俺は駅前商店街にある歯医者に通っていた。
歯医者は6階建ビルの5階にあり、いつもエレベーターを使って移動していた。
通いだして何回か経った頃、いつものように1階でエレベーターを待っていた。

扉が開くと中に薄紫の着物を着た女性が立っていた。
年は三十代半ばくらい。
3階に着物教室が入っていたから、そこの生徒さんか先生なんだろうと思った。

女性が「上に行きますか?」と聞いてきたので「はい」と答えると「すみません、下に行くので」と言われ「どうぞ」と返し辞退した。

扉が閉まったあとで「地下なんかあったか?」とふと疑問に思った。

エレベーター脇に出ているフロア案内を見ると1階がコンビニ、2階が喫茶店、3階が着物教室、4階が美容院、5階が歯医者、6階が会計事務所。
地下の表記はない。
エレベーターの階数表示されたディスプレイも1階まで。

多分、ビルのオーナーやフロアを借りてる人専用の倉庫でもあるんだろうとその時は大して気にもしなかった。

それから2ヶ月ほど経ち、その事もすっかり忘れいつものようにエレベーターを待っていたら、開いた扉の向こうにあの時の女性が立ってた。
前回と同じく薄紫の着物を着ていた。
そしてまた同じように「上に行きますか?」と聞かれた。

その時に地下には何があるのか急に好奇心がわいて思わず「いいえ、下に」と答えてしまった。

歯医者の予約時間までまだ余裕もあったし暇潰しでもするか、そんな軽い気持ちだった。

女性がエレベーターの隅に移動したため俺は「行ってもいい」のだと判断してエレベーターに乗り込んだ。

扉が閉まると女性がボタンの下の方を何回か押すような仕草をした。
俺は女性の後ろの方に立っていたため、どこをどう押したのかは見えなかった。

地下へ行くためのボタンは見たことがない。
だがエレベーターが下降しだしたので地下があるのは確かだ。

「地下へのボタンないですけどどうやって地下へ行く仕組み何ですか?」

気になって女性に聞いてみたが「・・・いえ」と言ったきり黙ってしまった。

部外者へは教えられないということだろうか。
だとしたら何故俺を乗せたのか?
女性もまさか俺が下へ行くとは微塵も思っておらず、うっかり乗せてしまったのか。

そんな事を考えているうちにエレベーターが止まった。
扉が開くと冷たい空気が流れ込んできた。

そこには左側だけに赤い明かりが奥へ奥へ続いてる暗い空間が広がっていた。
コンクリートを打ちっぱなしにした地下駐車場が雰囲気的には近いと思うが、車らしきものどころか物体は何もない。

赤い明かり(提灯か?)はビルの広さからいってありえないくらい奥へ続いてるように見えた。

着物の女性はスッとエレベーターを降りると奥へ向かって歩いてゆく。

「すみません、ここ何なんですか?」

俺は去ろうとする女性に向かって問いかけた。

女性は立ち止まり振り返るとちょっと困ったような顔を何か考えるように小首をかしげた。

すると奥の方から「はぁはぁ」と男の荒い息づかいのようなものが響きだし、女性が人間とは思えないような速さで突然ガクガクと小刻みに震え出した。

よく分からない息づかいは段々とこちらへ近づいて来るように音が大きくなる。
女性は突然パタリと倒れた。

倒れた途端に吐き気を催すような強烈な腐臭と生ぬるい空気がぶわっとこちらまで流れて来て、息づかいは更に大きくなり迫っていた。

ともかくよく分からないがこれはヤバイと思い慌てて閉まるボタンと6階のボタンを押した。

エレベーターが上昇していくにつれ安堵なのか恐怖なのか汗がだらだらと流れ出した。

もうエレベーターに乗りたくなかったので6階に到着してから階段で歯医者のある5階まで降りた。

地下のことがあり頭が真っ白でその日の治療はよく覚えていない。
それ以降、俺は面倒だと思いつつ歯医者へは階段で移動することにした。

いつしか歯の治療も終わり、俺はそのビルへ近づくことはなくなった。

あのビルに何かいわくがあるのかネットで調べたものの、特にそれらしき情報は見つけることが出来なかった。

一体あれが何だったのか今だに分からないままだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!