親父がタクシー運転手なので興味本位で聞いてみた

そんなに怖い話じゃないしオチもないんだが、怖い話を読んでて書きたくなったので投稿する。

父親の話なんだが、父親は幽霊とかそういうものを信じてない。
まぁ怖いから信じないようにしてるんじゃないかと思ってる。

俺の父親はタクシーの運転手をしてるんだ。
かなり長いことやってる。

ある日テレビか何かでタクシーの運転手は怖い体験に遭遇しやすいってのを知った。(確か病院勤務とかの次だったかな)

んで俺が実家に帰ったとき父親に「タクシーの運転手って怖い体験しやすいらしいんだけどなんか体験してないの?」って聞いてみた。

父親は「まぁ怖いっていうか不思議な体験はしたな」っていうから「どんなの?!」って聞いたら「別に言うほどのことじゃない」って教えてくれなかった。

そこで母親にそのことを話したら「お父さんはそういうの好きじゃないから話してくれないって」と言われて残念がってたら「けど少しならお父さんから聞いたことあったわよ」って、だから「どんなの?!」って聞いたら母親が話してくれた。

以下、母親の話。

かなり昔(10年以上前かな)仕事が終わって帰ってきた父がそのままその日あったことを母に話したことらしい。

父「今日おかしなことがあった」
母「何かあったの?」

父「今日の8時ごろに○○(部落名←差別的な意味ではない)に婆ちゃんを
乗せてったんだ」
この部落は一番奥にあって一本道の先にあるんだ。
しかも道は部落の端で終わりらしい。

父「それで途中にトンネルがあるだろ?あそこを高校生くらいの女の子が制服で自転車押して歩いてたんだ」

父「こんな時間だと部活帰りか?」
そう思って部落へ。

婆ちゃんの家は部落の入り口あたりにあったから降ろして、今来た道を戻ってたんだって。
さっき書き忘れたんだけどトンネルは部落から少し離れたところにあるんだって。
んでトンネルを半分過ぎたくらいで「あれ?」って思った。
父「さっきの女子高生見なかったな」

部落からトンネルまでは一本道で脇道はない。
父は何気なくだけど歩道を見ててその女子高生を確認しようとしてたらしい。
なんとなく気になってたんだって。

だから見落としたってのはないらしくて首をかしげてた。

父「見間違いか?」
なんて思って深く考えずにそのまま会社に戻って帰宅したらしい。

母「本当に見てない?」
父「見てない、というかそもそもあの部落に高校生くらいの子供いたか?」

母「そういえば・・・」

その当時はその部落に社会人と小学生のあいだの年齢層はいなかったらしい。

結局正体を突き止めてないから不思議な話ということらしい。
以上でこの話は終わります。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!