あの鐘はあの世への道

知り合いの話。

彼は子供の頃、山中のお寺に何度かお泊まりしたことがあるらしい。
地元の子供会の行事だったとか。

小学校に上がる前の年、やはりその寺に宿泊したという。
真夜中、尿意で目が覚めた。
一人トイレに行ったのだが、用を足しているとゴーンという鐘の音が聞こえてくる。

こんな時間に誰が鐘を突いているんだろう?と不思議に思い、見に行ってみた。

縁側から鐘突堂を見やると、白い着物を着た女性が鐘を突いている。
近所に住んでいる、顔見知りの小母さんだった。
怒ると怖い人だったので、近よらずに布団に戻ることにした。

「大きくなってからこの記憶を思い出したんだけど、別のことも思い出したんだ。俺らが寺に泊まったその日、この小母さんもう死んでたって。確か前日に葬儀があったんだ。うん、正にあのお寺で」

今でも時折、寺の鐘の音が小さく聞こえる夜があるのだと彼は言う。

「そんな時、ふっとあの小母さんが頭をよぎるんだ。ひょっとして鐘を突いているのは、その日死んだ人なんじゃないかって。死んだ人はあそこの山の上から浄土に行くって、昔は言われてたみたいだし」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!