自衛隊の演習あるある

最近親戚から聞いた話。

自衛隊所属で山に篭り演習で(中身は戦争真っ只中を想定で)3日間は寝ないで仮眠で交代する。

この時、山を掘って作戦やら指令を出す部屋を掘った穴の中で機材らや設備して出入り口も敵軍に見つかり難いようカムフラージュ。
そして外には2人の隊員(兵士)を見張りで配備するのだが、その配備された隊員が真夜中に見張り放棄ですっ飛んできた。

見張り2人「出たああああ!!!!」
親戚の隊員「お前ら見張り放棄して何があったんだよ!」

2人は顔面真っ青でガクガク震えていた。
見張り2人「見たんです幽霊を!」

話を聞くと2人は見張りをしていると前方からガサガサと物音がするので静かに注意した。

最初は動物かと思うも明らかに人が歩く音が出てている。
数メートル先だが注視すると暗闇の中でも人間のシルエットが確認されたため、2人で左右に分かれて息を殺しながら対象人物に接近して対象者を捕まえる作戦に出た。

3~4メートル付近で止まり対象者を2人は静止を忠告するも、相手は全く無視するのでこれ以上進んだら打つぞ!と銃の装填を行いジャキッ!と音を出すも微動だにしない。
この時ライトを点けていなかったので隊員2人が対象者を照らすと、そこには誰もいなかった。

震えながら隊員は今までの出来事を報告した。

親戚の隊員は「夜明けももうすぐだし恐怖を殺して持ち場に戻ってくれ」
隊員2人「すいません!無理です!こればかりは無理です!」

押し問答の末、隊員2人は震えながら持ち場に戻ったらしいのだが、その演習場所含め隊員の寮でも自殺者が多い・・・様々な理由で耐え切れず自ら命を絶つ。
勿論ニュースなどで公表されず奇怪な事を経験する人も多いそうで、彼たちが見た人は自殺した隊員なのかもしれないと教えてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!