ベッドの下に絶対何かがいた

洒落怖では無いのですが自分にとって怖かった話。

これは高校の時の話だ。
自分には6つ下の弟がいるんだが、当時居間以外には自分の部屋にしかゲームが無かった。

弟は夜な夜な自分の部屋に忍び込んでPS2で遊んでいた。
ゲームをやる時は自分が壁際のベッドで、弟はベッドの下に布団を敷いてゲームをしながら寝落ちというのがいつものパターンだった。

その日も弟は自分が布団に入ってからもテイルズオブジアビスをしていた。
自分も寝付けないので弟のプレイを見ていた。

しばらくして弟がゲームと、テレビを消して床に就いた。

すると電気を消して1分も経たない内に弟が寝ているベッドの下の方から「はぁぁぁ・・・・・・はぁぁぁ・・・・・・」と荒い息づかいが聞こえてきた。

自分は弟が寝苦しくて息荒くしているのかと無視していたのだが、一向に止む気配がない。
しばらくすると弟がムクッと布団から起きてこちらに近づいて来た。

「兄ちゃん苦しいなら母さん呼ぼうか?」

何を言っているがわからなくて、なんで?と聞くと、兄ちゃんがずっとはぁはぁ苦しそうだからとの事。

もちろんはぁはぁ言っているのは自分では無いが、弟は自分が寝ている方向からはぁはぁ言っているのが聞こえたとの事。

その後は怖いので電気を付けて抱き合って寝た。
アレが何かは未だにわからない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!