電車の中で寝ていたオッサンの目が

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

夜の9時頃、電車に乗っていた時、寝こけていたらしくハッとして目が覚めた。

向かい側の網棚の上に、スーツ姿のおっさんが横になっていた。

おいおい、酔っ払いかよ・・・と呆れて周りを伺ったけど、誰も気にしていない。

よく見るとおっさんは白目をむいてた。

酔っ払いにしてもヤバくね?と思ったら、近くにいた女が大音量でキャーッ!!!と叫んだ。

周りがざわついて女を見たけど、すぐに迷惑そうに皆目を逸らして興味を失っていった。

自分も目を逸らしたら、おっさんが視界に入った。

おっさんの目が真っ赤になっていた。
瞳じゃなくて、眼球全体が血みたいに真っ赤。

女がもう一度キャーッ!!!と叫んだ。

今度こそ皆、女を完全に無視した。

おっさんの存在と女の叫び声で、変に心臓がドキドキしていた。

次の駅に停まって、乗り込んで来た人が網棚に荷物を乱暴に置いた。

あっと思った時には、もうおっさんはいなかったし、女は叫ばなくなった。

時々思い出して、夜の電車が嫌になる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!