その悲鳴がずっと消えない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺の住んでる地域は、全体がかなり古い。
景観の保全だか知らないけど、築百年は越える民家がそのまま使われていたりする。

そんな土地柄なもんだから、昔からの風習が残っている。
婆さん達は朝夕に神棚へのお参りを欠かさないし、夏には虫送り。
地域伝統の神楽舞は、今でも小学校で教えている。

GWの話だ。
その時は、従兄が東京から遊びに来てた。
父の弟の息子で、俺とは三つ違い。
叔父夫婦は県内に住んでるんだけど、従兄は大学に通う為に、上京していた。

久しぶりに会った従兄は、間歩に潜ろうと誘って来た。
坑道のことを間歩というんだけど、元々が鉱山町だったので、地元には間歩の跡がたくさん残っている。

間歩の中は、涼しい。その日は馬鹿みたいに天気が良くて、くそ熱いのにクーラーどころか扇風機もまだ出していなかったから、俺はすぐに誘いに乗った。

もちろん立ち入りは禁止されてるが、地元の子どもなら一度や二度は、大人の知らない間歩の入り口を探すもんだ。
俺もそんな秘密の間歩への入り口を、ひとつだけ知っていた。

無遠慮な程陽射しが降り注ぐ山道を、チャリで数分。余談だが、間歩へ続く山肌には段々重ねに古い墓が立ち並んでる。
鉱山で死んでった人夫の墓だ。

俺達の集落は、そうやって、寺や墓を引き連れて、山の上からだんだんと山裾へおりてきたそうだ。

間歩への入り口は、シダの葉に覆われるようにしてある。小さな頃に何度も潜った入口だ。

間歩の中には、俺達が目指した涼しさがあった。

陽射しが届かないからだけじゃない。
土自体が、間歩の中はつめたい。
この間歩がどこまで続いてるか。
子どもの頃は、よく探検したもんだ。

今考えると危険きわまりない。
間歩の中は入り組んでいるから、迷子になったり、整備されてないから生き埋めになる可能性だってあった。

大人になった俺達なら、それがどんなに危険なことかわかっている。
わかってるから、俺達は細心の注意をしつつ、探検することにした。

ろう石で、分かれ道に目印を刻みながら進む。
懐中電灯は二本。入口からのか細い光が途絶えると、暗闇を照らすのはその二本の灯りだけだ。

壁に手をあてながら歩く。

俺たちは他愛ない話をしながら進んだ。

俺は東京に行ったことがないから、従兄の大学生活の話はおもしろかった。

ふいに従兄の持っていた懐中電灯が消えた。
数度点滅した後に、まったく点かなくなった。

電池切れかな、おかしいな、なんて言いながら、俺達は進むか戻るか悩んだ。
もう一本の懐中電灯が消えれば、辺りは暗闇だ。

もう少しだけ先に進もう。

そう言ったのは従兄だった。

俺は戻りたかったけど、従兄が譲らないので仕方なしに先に進んだ。

口数はさっきよりも減っていた。

ぽつりぽつりと言葉をかわす。
それも途絶えて、無言の中、俺と従兄は先に進む。

何の為に歩いてんだかわかんなくなってきた。

帰りたい。
従兄に訴えるが、従兄はいうことをきかない。

もう少し。
もう少し。

こいつは一体なんでそんなに奥へ行きたがるんだ?

俺は苛立ってきた。

懐中電灯を持ってんのは俺だ。
俺が帰れば従兄だって帰らずにはいられない。
先を進む従兄に、俺は背を向けた。

従兄は動かなかった。

でも灯りがなくなれば、あきらめて追って来るだろう。
そう考えて、俺は戻る足を早めた。
従兄の姿はすぐに見えなくなった。

悲鳴。

ぎょっとする程の声が辺りに響きわたった。
まさかそこまで怖がらせるとは思わず。
慌てて従兄のもとへ戻る。

従兄はさっきの場所に立ちすくんでいた。
俺に気づいて首を振る。

おれじゃない。

一瞬従兄が何を言いたいのかわからなかった。
でもすぐに気付いた。

従兄は叫んでない。
なのに辺りには悲鳴が響いてる。

誰が叫んでんだ。

わかんなかったけど、早くここから立ち去らなきゃって思った。

動かないままの従兄の手首をつかんで、戻る。
間歩の中は岩がでこぼこしていて、頭をかがめなくちゃいけない場所もあるから走れない。

もどかしい。

悲鳴は途絶えない。

ついてきてるのか。
遠ざかりもしない。

甲高かった悲鳴には、いつしか重低音が加わっていた。

唸り声にも似た声が、とどろく。

逃げなきゃ。

けれど気づけば唸り声は入口の方からも聞こえてくる。

後ろも。
前も。

甲高い悲鳴と重低音の唸り声に、俺たちは取り囲まれていた。

懐中電灯が点滅する。やばい、と思った瞬間、懐中電灯が消えた。

スマホを開いた。
懐中電灯よりも頼りないけど、照らせない程じゃない。

従兄を見ると、青ざめた顔で何かをしきりにつぶやいていた。

どこだどこにおけばいいんだどこだどこどこどこ・・・・・・。

思えば従兄はおかしかった。
何であんなに奥まで進みたがったんだ。

従兄は何を知ってる。

問い詰めると、従兄は脱力したように膝をつき、俺にポケットから出したものを押し付けて来た。
黒っぽい石。
直観した。銀鉱石だ。

昔、この鉱山に潜っていた人夫達が、求めていたもの。
見覚えがあった。

うちの神棚に供えてあったものだ。

婆さんが朝な夕なに拝んでる。

なんでこんなもの持ってきたんだ。
でもきっと、声はこの石のせいだと思った。

俺は奥へ向かって石を投げた。

従兄が止めようとしたが知らない。
人夫達の求めるものをやれば、声が止まると思った。

どこか見えない遠くの方で、石が落ちる音がした。

声は、止まない。

高音。
低音。

耳障りな音が頭をかきまわす。

なんだか頭痛がしてきた。

気持ちが悪い。
立っているのがつらい。

石をやっても駄目だった。
じゃあどうすればいいのか。
逃げるしか、考え付かなかった。

従兄を引っ張って戻る。
ろう石でつけた目印を探す。
スマホの灯りじゃわからない。
従兄が俺を引き戻そうとする。

ちがう。
そうじゃない。
わかった。
いまわかった。
つれていかなきゃ、だめなんだ。

悲鳴と唸り声の渦の中、従兄が訴えていた。

でも頭が痛い。
何を言われてるかわからない。

俺は早く外へ出ることしか考えられない。

外へ。
外へ。
外へ。

従兄が俺の腕を振り払って奥へ走っていった。

連れ戻すか。
でも動けない。
頭が痛い。
外はどこだ。
光は。

何重もの音が、俺の身体にへばりついてる。

重くて、俺は動けない。

息が苦しい。
あれ程疎んだ、暑い陽射しを求めて、俺は気を失った。

気づけば俺は、間歩の外にいた。
草の上に寝かされていた。

隣には従兄がいて、手にはあの石を持ってた。
見つけてきたのか。
灯りもないのに。

俺の視線に気づいた従兄が、自分のスマホをちょっと振って見せた。

従兄の話を聞いたところに寄れば、石は、従兄を呼んだらしい。
従兄はうちに来てから、頻繁に狭い所に閉じ込められている夢を見たそうだ。

そこには外から願いが降ってくる。
銀が採れますように。
豊かな暮らしができますように。
その願いが、従兄には重く感じる。
息苦しい。
外に出たいと思う。

それが神棚の銀鉱石が見せる夢だと、直観した時、従兄は間歩に行かなければと思ったそうだ。

理由なんてない。
ただそうしなければと感じた。

銀鉱石は間歩に戻りたいんじゃないか、あるべき場所におさめれば夢がやむんじゃないかと考えたのは、間歩に行かなければと思った後だそうだ。

そして、間歩で声に襲われ、従兄は気付いた。
石と一緒に、この声を連れて出て行かなければいけないと。

俺には声にしか聞こえなかった音は、従兄には、ちゃんと言葉として聞こえていたらしい。
声は、外に出たがっていた。

俺と同じに。
従兄は石を、東京に連れて行くと言った。

俺には石の声は聞こえなかった。
けれど従兄には、今もずっと聞こえているそうだ。

石の叫ぶ、声が。

鉱山の人夫は、三十を待たずに命を終える。
ここで生まれて、ここで育って、小さな頃から間歩の中に入り、鉱山の人夫としての生き方を覚える。

人夫の稼ぎはいい。
当時としては破格の金額で雇われていたと教わった。

きっと、その金は人夫の生活を豊かにしたんだろう。
多くは望んで働いていたそうだ。

でも。この場所から出られず、この生活しか知らず、狭い田舎の、もっともっと狭い岩と岩の間みたいな間歩で生きてきたら。

願うんじゃないか。
広い空を。
自分の知らない世界を。
だって、この場所しか知らない俺は、東京で暮らす従兄がうらやましかった。

草の上に転がって、見上げる青空は、遠くて深くて、眩しい。
目にしみるほど。

従兄は石を連れて東京に帰った。
声が止んだのか、俺は聞いてない。

夏休みにはまたこっちに来るそうだから、直接、話を聞こうと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!