廃屋でのイタズラ・・・

僕が中学1年生のときに体験した話です。

むせ返るような暑い夜、僕と同じくオカルト好きな友達2人とともに、地元でも評判の廃屋に忍び込んだ。

夏休みということもあり、時刻は雰囲気的に盛り上がりそうな丑三つ時を選んだ。
その廃墟は山の中腹くらいにあり、自転車で行くにはきつかったが、何とかたどり着いた。
ログハウスのような木造のその建物はまわりを蔦で覆われ、うっそうとしていて僕はそれだけで怯えた。

暗闇にそびえたつその建物はあまりにも雰囲気抜群で、着いた瞬間帰りたくなった。
しかし、ヘタレだと思われるのが嫌で口には出さなかった。
後に聞いたところ、友人たちも誰かが帰ろうって言い出すのを待っていたらしい。
今来た道を振り返り、アスファルトなど人工的なものが見えるだけでどこか安心する。
意を決してドアの前に立つ。
「宮村」という表札が見える。
緊張と覚悟のため、小さく溜息をついてからノブを回した。

するとあっけなくドアは開いてしまった。
「よし、入れるぞ。」言葉とは裏腹に、開かなければいいと思っていた。

廃墟の中は外観と同じように荒廃していた。
まぁ、だから廃墟なのだが・・・。

明かりはなく、床にはガラスや湯飲みの破片が散乱していた。
中学生の耳にも入る心霊スポットで過去にも先客が訪れたのだろう。

用意していた懐中電灯を床から壁に向ける。
解読不能な文字を使ったポスターやら掛け軸が映った。
熱心な宗教家でも生活していたのだろうか。
そういう屋敷はえてしてオカルトの題材として使われやすい。
恐怖からか頭がクラクラする、油断したら気を失ってしまいそうになる。

「気をしっかり持て!」ってセリフはこんなときに言われるとベストかな?などとくだらないことを考えた。

歩を進めていく。
その間も、「俺が真ん中がいい。おまえ先頭行けよ。」などと小競り合いをしていた。
そしておそらくダイニングと思われるところに差し掛かったとき、テーブルに無傷のグラスを発見した。
いたずら好きな俺はそっと手に取り、友達が視線をそらした瞬間に部屋の隅に向かって投げた。

「ガシャーン!!!」

静寂を突き破る。
友達は「ぅわあああああああああ!!やべえって!やべえって!」と半狂乱に陥り、2人ともすごいダッシュで玄関に向かった。

俺は笑いが止まらなかった。
俺がやったのに・・・と思っていたが、さすがに1人でこの廃屋にとどまるわけにもいかず、すぐにあとを追った。

帰り道で「あれ俺がグラス投げたんだー。ホントごめん。」って謝ったが、友達はいつまでも激怒していた。

「だから笑ってたのか、俺おまえがとり憑かれたと思ったよ。そんで余計怖くなった」とも言っていた

しかし、それだけでは終わらなかった。

翌日、家族で夕食をとっていると電話が鳴った。

母:「はい○○です。ええ、おりますが。今代わります」

俺:「誰ー?」

母:「宮村さんて男の人。」

俺:「もしもし」

宮村:「ツーツーツーツーツーツーツーツーツー」

切れてるじゃん・・・。
宮村って誰だっけ?

・・・・・・。

え?いたずら?

今でも原因がわからない電話だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!