出血が激しかった・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ある廃旅館で本当に起こった話。

男女4人(仮に剛、健太、早苗、ユキとしておきます)で肝試しをしようという事になり、地元で有名な廃旅館にいくことになったそうです。

キャーキャー言いながらだいぶ進んでいくと、どうやら調理場らしき場所にでくわしました。
そこには地下に続く扉があるようです。

四人で地下に降りるとそこには鉄で出来た机のような物あり、何か料理の作業を行ったと思われる
雰囲気でした。

剛が奥の暗がりに進んでいきました。
続く三人は部屋を物色しています。

その時でした。

「うわあああああぁぁぁ!!!」

剛の叫び声が部屋中に響き渡りました。

皆が剛のいた方向に目を向けるとそこには剛をじっと見つめるおじいさんが立っていました。

皆は夢中で調理場へと向かう階段へ走り出しました。
一心不乱で旅館の出口を目指し、もう少しで外だというところで剛とユキがいない事に健太が気づきました。

健太:「どうしよう、剛とユキがいない!!」

早苗は恐怖におびえた顔で話を聞きません。
健太は思い立って元きた道を走り出しました。

健太:「いない・・・」

気づくと健太は調理場に立っていました。
意を決して地下へと続く階段を降りることに・・・

地下へ着くと・・・どういうわけか、そこにはもやのような煙と、くるぶしの辺りまで水びたしに
なっていました。

健太が周りを見回すとそこには倒れこんでいる剛が・・・。

すぐに剛のそばにいきましたが、剛の目は焦点があわず何かボソボソと独り言をしゃべっているだけで健太が話しかけても耳を貸しません。
そこで健太は気づきました。

「足がない!!!!」

剛の足は膝の下からが何かにちぎられたようになっており出血が激しかったそうです。

健太はすぐさま警察を呼びましたが、剛は死亡、ユキは行方不明になり、もう一人の生存者である早苗は精神病院に入ったそうです。

実際、刑事事件にまでなった話だそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!