絶対オバケや!

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ダウンタウンの松ちゃんがする怖い話って怖くないけど面白い。
昔のビデオ見てたらヘイ!ヘイ!ヘイ!で話してた。

松:「あのね、僕今ボクシングのジム通ってるでしょ。そこにね、ガリッガリで髪の毛長いずーっとサンドバッグ打ってる子がおんの」

浜:「うん」

松:「でね、誰とも他のコーチともいっさい喋れへんのよ。ずーっと(サンドバッグ)打ってる。スタミナがハンパないねん」

松:「僕しばらく1~2ヶ月通ってるんだけど、なんやあれ他の人と喋ってんのみたことないぞと」

浜:「ずっと一人で打ってんねや」

松:「そうそうそう、ほんでアレオバケちゃうかと」

浜:「なるほど」

松:「まぁまぁそんな訳ないよなぁ言うてたら」

浜:「うんうん」

松:「ある日そいつがまた来てた。オバケまた来てるわぁ、て」

宇多田:「オバケw」

松:「そうそう、俺らん中でもオバケ呼んでた。そんでそいつサンドバッグまた打ってたんやけど、ジムには全部でサンドバッグ六つあんのよ」

浜:「うん」

松:「そんで他の練習生がよろしくお願いしまーすってまた来て、その練習生がなんとビックリする事に、そのオバケの打ってるサンドバッグの裏っ側から打ちだしたのよ。」

松:「うそ~ん!て」

浜:「他あいてんのにw」

松:「他あいてんのにありえへんやん」

松:「絶対オバケや!」

浜:「え、そのオバケは裏から打たれてどうしてんの?」

松:「裏から打たれたらスゥ~・・・(消える仕草をする)」

浜:「お前それはw」

浜:「ほんまかいなw」

松:「ほんまやねんて。ほんでその話、うわ気持ち悪いなって、ほんでその共栄のジムの人に、なんかいつも来てるガリガリの髪長い人いてはりますよね?て聞いたら・・・」

ジムの人:「誰ですか?それ?」

浜:「えー?ホンマに?」

松:「ホンマに」

松:「それでこの前初めて声かけたんですよ。あーどうもーって」

浜:「声かけてるやんw」

松:「(違う×2って首ふる)」

松:「声かけたんですよ」

松:「声かけたら・・・それっきりみてない」

浜・宇多田・客:「えー・・・」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!