沖縄の防空壕での体験談

一応、実体験の話。
少し戦争関連?の話だから不謹慎に感じたらすまん。

高校の修学旅行先が沖縄で、まぁお約束というか、学習の一環で最初の2日は記念碑とか施設とか、戦争跡地巡りだったんだ。
その中で、Iという防空壕に使われた洞窟いくことになったんだが、バスの中でガイドさんが「暗所・閉所恐怖症、霊感のある方は教えてください」って言うんだよ。

前半はわかるが、後半はウケ狙いなのか?て思ったんだが、割と顔はマジなんだよね。
ちなみに3人くらいの女子が暗所恐怖症で、て手あげて、バスに残ってった。

防空壕までは、近場でバスから降りて山の中を5分くらい歩いていった。
中に入ると、供養の為なのか、お地蔵さんがあったり、花が供えられたりしていて不謹慎だが「おおーまじすげぇ」て思ってた。
で、進むとすごい暗いんだよね。
事前に懐中電灯は皆持ってきてたけど、洞窟の奥についたら、戦争の逸話聞いて、昔の状態を体験しようって明かりを皆で消したんだ。

真っ暗で何も見えないし音は響く、狭くて息苦しいと結構怖かった。
で、キョロキョロしてたら、自分たちの入ってきたあたりに明かりが見えた。
懐中電灯みたいな人工の明かりじゃなくて、蝋燭とかの火の明かり。
その時は、「あー戦争中の再現のために蝋燭おいてんのか」て思って、近くいた担任に、蝋燭のこと教えながら「リアルに再現してるんですね」て小声で話してた。

そのあと、防空壕を出る途中に、担任がガイドさんに「蝋燭を使って、戦争中の防空壕の様子を再現しているんですか?」て聞いたんだ。

まぁ予想はつくと思うけど「蝋燭なんて、つけてないですよ」ていうんだよ。

ガイドに「見間違いじゃないですか?」言われたけど、私と担任、二人が見たんだから確かに明かりはあったはずなのに・・・。
ちなみに、別に自分は霊感とかはさっぱりない。

体験した当初は怖かったけど、3日目に海で遊んだた時にはすっかりその事は忘れてた。
逆に、思い出して友達に聞かせて楽しむ程度に余裕だった。

それで帰りの飛行機で、友達に冗談で「防空壕で見た火の玉がくっついてきたらどうしようww」て話したら友達が凄い微妙な顔で「気を悪くしないでね」て前置きで話してくれた。

友達:「○○(じぶん)て、寝言とかひどいほう?」

自分:「自分ではわからんが、家族に何か言われたことはないよ」

友達:「あのさ、ホテル止まってた時、夜にすごい寝言言ってたんだよ」

自分:「まじでwwwww(笑い話だと思ってた)」

友達:「なんかさ・・・しぬー!あついー!みずー!て、段々大声になるからマジ怖かった」

自分:「・・・・・・・・・・・」

友達:「学校で見た映画でさ、防空壕に手りゅう弾入れられて、中の人死ぬシーン、あれ思い出しちゃって・・・」

友達:「それだけだし、ただの寝言かもしれないから、言っといてなんだけど気にしないで」

家族に聞いたが、私は寝言とか言わないらしい。
火の玉と、寝言が関係あるかはわからないが、成人した今では何も起こらない。
で、今度沖縄行く予定があって、花を添えに行こうと思ってます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!