窓とカーテンを隔てた向こう側に

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

これは俺が今年進級した後に友人から聞いた話なんだけど、暇な人だけ見てくれ。

俺は大学生で、ひとり暮らしをしているのだが、同じアパートの一階に友人が住んでいるんだ。
俺は三階に住んでる。

ある日、同じ学部の友人達と飲み会をしたんだが、夜中の二時くらいになるとさすがに話すネタもなくなり白けた空気が流れ始めた。
その時は同じアパートの友人(Bとする)と他に二人の友人といたんだが、そのうちに一人が「怖い話しようぜ」といいだした。

俺は怖い話が好きで、新しい話を仕入れるとよく友人に話して聞かせていた。
今日も俺が一人で怖い話を喋り続けていた、電気を消して。

俺はいろいろ話して、もうネタが尽きたころ、Bが「俺も話あるんだけど・・・」とおもむろに話し始めた。
俺としては、話を聞いたあと、「もっと早く言ってくれ!」と思った。
怖いんじゃなく、不気味な話だった。

話の内容はこうだ。
春休みにある日、Bは彼女とメールをしていた。
メールの内容は聞いてないけど、とりあえず普通の内容。
メールを続けて、夜中の二時、寝る準備も終えて、布団の中で彼女とメールを続け、そのまま寝てしまおうと思ったらしい。
すると突然、部屋のドアがドンドンと叩かれた。
それも、トイレをノックするとは明らかに違う、本気でコブシで叩いているような音がした。

ビクッと反応し何事かと布団からでようとしたとき、ドアの外側から「助けろー!!早く開けろー!!助けろ!!」と女の声がした。
しかし、その声はヒステリックのように狂ったような声でドアを叩きながら発せられていた。

鍵を掛けているか凄く不安になったが、Bは動くことができなかったらしい。
文章だと伝わりづらいが、その話を聞いたときのBの本気で怯えた様子をみると、その出来事が尋常じゃないということが凄く伝わった。
聞いていた俺達はただ、黙って聞いているしかなかった。

Bが動けないでいる間も、女が狂ったように叫びながらドアを叩いている。
Bは完璧な居留守モードに突入した。
その間、心の底から彼女からメールが帰ってこないことを祈ったらしい。
自分は居留守モードだが携帯はマナーモードではなかったことに気づいたからだ。

メールくるな。
メール来るな。
来るな来るなくるなくるな。。。

固まりながら、ずっとそう思っていたらしい。
すると、急にドアを叩く音も、女の狂ったような助けろコールも止んだらしい。

春のまだ、肌寒い季節だったというのに汗をかいていた・・・。
ほっとして、今、まさに起きたことを彼女に電話しようとしたらしい。
すると、「じゃ、じゃ、じゃ」と砂利をゆっくりと踏む音が聞こえてきた。

Bはゆっくりと携帯を閉じた。
砂利を踏む音は外の方から聞こえてくる。
俺は何度もBの部屋に行ったことあったのでわかるのだが、Bは一階に住んでい布団を敷いて寝ている。
その布団を敷いているところは窓に対して平行にしいているのだ。
つまり、左は窓、右は部屋側っていう間取りになっている。

そして、その窓の外は砂利が敷いてある。
誰かが窓の外の砂利を踏んでいるということになる。
さっきまでかいていた汗が今度は一気に引いていったらしい。

Bは再び身を硬くした。
砂利を踏む足音はゆっくりと自分の部屋の方向に近づいている。

やばいやばいやばい。

足音はとうとうBの部屋の前に止まったらしい。
窓とカーテンを隔てた向こう側に・・・。

こっちから窓の外を見たわけではないが、わかるらしい。
わかるというのは、窓の外の何者かが、明らかに自分の部屋の中を覗こうとしていることが・・・。

Bは布団に横になり、息も殺して、動かず、再び携帯が鳴らないことを祈った。
居るのがばれたらヤバイ!殺される!
大げさかもしれないが、その時は本気でそう思ったらしい。

「早くいなくなってくれ!」

そう思って目をつぶっていたら気付いてら朝になっていた。
起きて目を覚ますとあれは夢だったような気がしてきたらしい。
普通に飯食って、学校に行く用意をして家を出ようとした時に、ふと気になったらしい。

カーテンを開けてみた。
そこには、窓に明らかに男と思われる手形と砂利の上にいたような足跡が残っていたらしい。

これが同じアパートに住む友人Bの怖い話・・・。
同じとこに住んでいる俺からすれば洒落にならない怖い話です。

俺の後日談もあるのですが、興味がある方が多かったときにまた書かせていただきたいと思います。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!