白装束の行列

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

この話は俺と友人が心霊スポットに二度と行かないと決めた話。

俺は大学生の時、当時俺は心霊スポット巡りが好きで友人Aと色々な心霊スポットに行っていた。
でも相当な数行ったけど、ただの一回も幽霊は見なかったんだ。
だんだん俺たちも慣れてきて「幽霊に会いてー」とかふざけたこと言ってたし、心霊スポットで夜を明かすのも、心霊スポットで二人でこっくりさんとかしても怖くなくなってた。

その日も俺とAは幽霊が出ると噂の山道を深夜、二人で歩いてた。
車を下にとめて二人で山道をずんずん上っていった。
でもなーんにも出ない、とりあえず足を止めて幽霊をまつも出ない。
二人で「またはずれかー」なんて笑ったな。

んで今度は山道を下っていった。
駐車場の所まで戻って休憩してると、六、七人が山を登ってくのが遠くから見えたんだ。
暗かったし男か女かはよくわかんなかった。
全員が白っぽい服を着てたのはわかった。
でもなーんかおかしい、まず歩き方が変だった、全員が縦一列に並んで歩いてるんだよ。

軍隊の行進みたいに等間隔で、それにもっとおかしいのが全員が懐中電灯を持ってて、一番前のやつ以外は、前の人の背中に光を当ててる感じで歩いてんだよ。
Aもそのおかしさに気づき、おもしろそうwってことで、後ろからこっそり付いていくことになった。

俺もAも当然不気味にも思ったけど、それ以上にわくわくしてたな。
「あれってマジもんじゃねーか?」とか二人でドキドキしながら後ろからこっそり付いてった。

もちろん俺たちの懐中電灯は消してね。
道路は舗装されてたし、月明かりも結構あったので真っ暗ってわけじゃなかったから、なんとか付いていけた。
そいつらは後ろを振り返るでもなく、ただ黙々と一列で歩いていった。
途中お互いに会話してる様子も無かったな。

どんどん上っていってたら、突然そいつらが止まった。
それはもう計算されたかのようにピタリと・・・。
俺たちは「ばれたか!?」って焦ったけど、とりあえず後退して脇の草むらに隠れた。
このときが一番わくわくしたなw
ふたりでニヤニヤしながら小声で「やべー、やべー」とか言ってた。

するとそいつらの先頭がゆっくり一番後ろの奴に向かって歩き出した、
そしてちょうど円陣を組む形になったんだ。
相変わらず暗くて顔はよくわかんなかったけど、そいつら全員円の中央を向いて何かしていた。

俺とAは「なにやってんだあいつらwww」とかまだ楽観視してたな。
けっこう長い間なんかしてたな、んで耳を澄ましていると、そいつらの方からなんか聞こえてくる、もっとよく聞き耳を立てると、明らかに人の声で「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」って低く呻っているのがわかった。

声を聞いたらわかると思う、俺も今でも覚えてるけど、聞いた瞬間これはヤバイと一瞬で思った。
これはAも同じだったらしく、さっきまでのヘラヘラした顔とはうって変わって強張ってた。
Aが一言だけ「戻るぞ・・・」って搾り出すように言って俺もただただ頷いた。

んで二人でゆっくりと音を立てないように後ろを向いて山を下っていった。
後ろには光がまだあった様なのでまだ何かしてるんだろうと思ってたが。
結構離れたときかな?ふと後ろを振り向くと奴らの懐中電灯の光が突然全部消えた。
俺とAは一瞬「ん?」って思ったけど、直ぐに全速力で走りだしたんだ。

声がな、ゆっくり近づいてんだよ「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」って声が。

俺たちはもう死ぬ気で駐車場まで走っていった。
その間もどんどん後ろから「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」って声が近づいてくる。
とてもじゃないけど、後ろを振り向いてる余裕は無かった。

駐車場に着くと急いで車の中に入りエンジンを掛けて速攻で駐車場から出て行った。
運転はAがしていたんた。
車の中に逃げ込んだときから正直半分錯乱しててよく覚えてないんだが、駐車場から出て行くときチラッと例のあいつらが見えたんだ。

駐車場の近くまで来ていた・・・。
近くの街灯に照らされて初めて顔を見た。
正直錯乱してたから見間違いかもしれない、確信はないが薄暗い中でそいつらは顔が無かった。
無かったっていうか、顔の部分にぽっかり穴が空いてた。
本当は見間違いと思いたいが、確かに穴があった。

それから家に帰った俺とAはお互いその話は一切しなかった。
帰りの車でもお互いずっと無言だった。
そしてAとオカルト系の話をすることは無くなったし、自然と疎遠になっていった。
俺も、多分Aも二度と心霊スポットに行くことは無いだろうと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!