手術跡

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

夜の十一時半くらいかな。
バイトが終わって自分の住んでるマンションのエレベーターに乗った時の話。

俺の部屋は三階。
電子盤の3のボタンを押したとき、電子盤の下に長方形の小さな鏡があることに気がついた。
普通エレベーターに鏡があるのはエレベーターの後ろだ。

こんなところに鏡なんかあったっけ?と思いながら鏡を眺めてたら、エレベーターの個室の右後ろに通路があるみたいになってるのよ。
エレベーターの箱なんて大抵正方形か長方形。
隅っこにちょこんと通路が伸びてるなんてありえないんだけど、でも通路があるみたいになってた。

で、その通路からチラチラ白い服の裾みたいなのが見えてるのよ。
不思議に思ったけど、それ以上は何も考えなかった。
エレベーターのドアが開いたから。
でも、よく見たらそこは五階だったんだ。

俺の部屋は三階・・・。
俺はちゃんと三階のボタンを押したはず。
でも五階に止まった。

まぁ、そういうこともあるだろうと思って、三階を押しなおした。
その時、また鏡が目に入ったんだが、俺はとんでもないものを目にした。
さっき言ってたあるはずのない通路から白いワンピースを着た若い綺麗な女の人が出てきた。
・・・いや、それは・・・おばさんだった。

白いワンピースを着たおばさんが出てきた。
で、そのおばさんなんだけど、目を閉じてるのよ。
目を閉じてるというか、目のあるはずの場所が手術跡みたいになってる。

そのおばさんを見た途端、「これは見ちゃいけないものだ!!」と思って、俺は反射的に目を閉じてその場にうずくまった。

エレベーター、まだ三階に着いてないし。
そしたらそのおばさんがうずくまってる俺の両肩を叩きながら「ねぇ!?なんで目閉じてるの!?ねぇ!?ねぇ!?なんで!?なんで閉じてるの!?ねぇ!?ねぇ!?ねぇねぇねぇねぇね」と狂ったように喚き散らしてきた。

怖いとか感じなかった。
ただ、目が覚めた。

どうやら夢だったらしいんだけど、目が覚めた途端に、「キィーンッ!」って耳鳴りがして、体がぶるっと震えたんだ。
で、体が痺れたように動かなくなった。

金縛りとかあんま詳しくないし、よく分からないんだけど、これが金縛りっていうのかな?
手足は動かなかったけど、目だけは動いた。

俺は寝る時いつもオレンジ色の豆電球つけて寝てるんだ。
だから部屋は真っ暗じゃなくてちょっとは明るいんだけど、目を開けてみるとなんかの影が覆いかぶさってて視界が暗いのよ。
それが何かなんて確かめる勇気は無かった。
だから目をつぶって寝ようと思ったんだけど、「ねぇ!?なんで寝てるの!?ねぇ!?ねぇ!?なんで!?なんで寝てるの!?ねぇ!?ねぇ!?ねぇねぇねぇねぇね」と、俺の肩を叩きながら耳元で狂ったように喚き散らしてた。
あのおばさんの声で・・・。

怖いっていうよりうるさかったな。
とにかく目つぶって耐えてた。
気が付いたら朝になってた。

とりあえず、母親に朝の挨拶。
ちなみに今朝の話。
まったく意味が分からん。
おかげで寝不足で頭痛い。
勘弁してくれ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!