河川敷でみたピエロ

橋の下は河川敷になっていた。
そこは長さ10キロメートルほどで、小中学校のマラソン大会のコースにも使われていたんだ。

小学校低学年の時、土手の上から河川敷を見てると、上空から落下傘を付けた物体が、ユックリと河川敷に落ちるのを目撃した。
近寄って見ると、それは鉛のようなモノでできた円筒形の物体だった。
そんなに大きなモノじゃなかった。
500㎜リットル缶ぐらいだったと思う。

誰かが実験でもしているのだろうか?
触ると何だか放射線に汚染されそうな気がして、離れた場所に移動してソレを見ていた。

しばらくすると、二人の男性が河川敷を歩いてきた。
落下物の前まで来ると、二人は話し始めた。

「予想以上に流されたな」

「ああ、風が強かったからな」

やはり何かの実験をしていたらしい。
男性の1人は、紺色の制服に黒いブーツを履き、胸にトランシーバーを着けていて、まさに自衛隊員を想像させた。
そしてもう1人は、赤いボールを鼻につけ、星の模様の入ったダブダブの服を着ていた。
サーカスのピエロそのものだった。

しかもピエロは片腕には買い物籠をぶら下げて、そこからは一本の大根が頭を出していた。
隊員とピエロは、落下物の落ちた位置にチョークで○印を付けると、落下物を回収してもときた方角へ去って行った。

隊員はまだしも、あのピエロ男はなんだったのだろう?
なぜ大根を持っていたのだろう?

今でもサッパリ分からない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!