一心腐乱にお経を唱える

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

最近知人が旧家の出で、オカルトな話題が豊富だったことが判った。
これはその中の一つ。
伝聞口調は省く。

彼女の屋敷の敷地内には祠があり、代々水神様を祭っている。
彼女の祖父がまだ若い時、トラクターなんて無いから牛で田んぼを耕していた。

家から畑に行くまでは、川から結構な高さのある木の橋が架かっていた。
別に老朽化はしてなかったそうなのだが、真ん中で橋がくずれ落ち川に落ちてしまった。
見てた人が助けを呼んで祖父を助けたのだが、牛は絶命。
祖父は奇跡的にちょっと怪我をしただけで済んだ。
信仰心の厚い祖母は、神のお陰だと感謝したそうだ。

さて、この集落には有名な拝み屋が居て、村人の信頼を集めていた。
祖母は祖父のこの話を、拝み屋のところにしに行った。

話している途中から拝み屋の顔色が変わり、いきなり奇声を発したかと思うと、なんと階段状に結構な高さのある祭壇まで、正座したまますっ飛んでいった。
それから一心腐乱にお経を唱える。

唖然とする祖母。

お経が終わり、今度は歩いて降りてきた拝み屋は、祖母がどうしたのか聞いても頑なに教えてくれなかった・・・。

これ、何だと思う?

祖父が助かったのは、日頃から信仰している水神様のお陰かもしれないけど、それなら美談で済むのに、なぜ拝み屋は取り乱したんだろう?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!