なすすべなく殺された

山梨の奥の方にある秘湯だって言う評判の宿に行ったんだ。

戦国時代からあるらしくて、何度か戦場になったこともあるらしい場所。
なんでも、風呂場には怨念が残っているなんて噂もあるらしい。
そういうの大好きな僕らは、ちょっとワクワクしながら行ったんだよね。

着いてみると、秘湯と言うには新しく、思いの外綺麗な宿。
まあ良いか、お湯は評判らしいし、と、すぐに大浴場に向かったのさ。

ここも綺麗な作りで、改装したばかりなのかな?綺麗な御影石で作られたお風呂だった。
お湯は透明で、でも少しぬるっとする感触。
寒い時期だったこともあって、ゆっくり温まったんだ。

風呂の中で、来るときに聞いた怨霊の話を思い出していた。
なんでも、命からがら逃げ延びた武士や村のものが、この風呂で温まっている時に、あとから来た敵兵に見つかって、なすすべなく殺されたらしい。

その状況は凄惨で、武士だけでなく、女子供や老人たちですら斬り捨てられたと言う話。
お湯の中でなんの気なしに足元を見ていると、石の模様がなんとなく顔に見えてくる。
ああ、そんな話を聞いたからかな、と思っていたのだけれど、石に浮かぶ顔は次々と表情や人相を変え、ものすごい数が見えてくる。
そのうち、なんとなく顔に見えると言う状況ではなく、完全に人の顔にしか見えなくなってきた。

こりゃ、尋常じゃないぞ。

裸で伸ばした両足の間に、無数の顔。
そのすべてが、福本伸行先生が描いた顔をしているんだ。

右脚の先に、カイジ。
左足の膝あたりに、涯。
右脚の膝には、石井さん。
その横に、銀さんと天。

そして股間に浮かび上がる、鷲巣さま。
僕はもう、恐ろしくて恐ろしくて、腹筋が裂けるかと思った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!