コケ神

小学校二年生の時、雪が積もって真っ白な庭を弟と二人で見ていたら、その雪に足跡が現われた。
どうも誰かが歩いてるみたいだったが、歩いてるものは見えない。
サクサク音を立てて、庭に足跡だけが歩いていた。

弟と顔を見合わせながら息をのんで見ていたら、その何かは暫く足跡付けて回ってたが、急に「ズシャ」と音がして雪が大きくへこんだ。

弟:「姉ちゃん・・・・・・なんかコケたよ」

私:「うん・・・・・・見えないけど、多分コケたね」

・・・等と言いつつ、なんとなく心配になって庭に出たら、足跡は急にダッシュするみたいな勢いになって庭から出ていった。
弟と二人で辿ってみたら、近所にあった神社の中に続いていた。

この話を私達が触れ回った為に、「あの神社の神様は雪でコケた」という噂が小学生に広まり、そこの神様は暫く「コケ神」と呼ばれていた。

そもそも神様かどうかもわからないし、ちょっと申し訳なかったが、今のところ別に祟りとかバチとかはあたってない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!