記憶の始まりの日

6歳の時にコタツで寝てたら、のどを詰まらせ息が出来なくなった。
声も出せず手で床を叩いたけど、母親は洗い物をしてて気づかない。

そのまま意識を失って、気づくと家の前のブドウ畑の上にいる。
そのうち風船みたいにすうっと上に行き、家から離れていくので、なんだか悲しくなって泣き出した。

すると「坊やどうした」と、横から2、30代の男の感じがする、透明な塊に呼ばれた。
「家に帰れない」というと、その塊は「おじさんが連れて行ってやる」という。

気づくとコタツの中。
体に帰ってきたのか確かめようと、目の前にある幼児向けの本を手にとってみる。
鉛筆で文字をいくつか書いていると、母親が「文字が書けてる」と、泣いて喜んでいる。
実はこの日が、自分という記憶の始まりの日。

それまで大切にしていた宝物の場所、友達の名前、大好きだった先生が急に分からなくなったので、ちょっと怖かったらしい(母親談)。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!