幻の借家

恐いというかちょっと不思議な話。

友人Hの実家は15年前、今の場所に念願の家を建てて引っ越して来たんだけど、Hは前のボロな借家もとても好きだったんで、帰省する度に寄っては思い出に浸ったりしてたんだそーです。

ある日、やっぱり前の借家に寄ってみたんだけど、これが駐車場になっちゃってた。
ずっと空家だったし、相当ボロだったから、いつか取り壊されるだろうとは思っていたけど、一体いつのまに・・・あーあ。

その時たまたま隣家のおじさんが庭木に水をやっていたので、何時取り壊されたか聞こうと思って声をかけた。
そのおじさんはHが引っ越す前からそこにいた人で、Hのことを覚えていて、懐かし話にひとしきり花が咲いた。

で、いつ取り壊されたんですか?と聞いた。

「え?君が引っ越してって、すぐだったよ?一年後くらいかな?」

「は??」

・・・15年間、Hが見に行っていたものは一体。

仲間内ではそのおじさんの記憶違いの線が濃厚と言われてますが、なにしろHの名前や細かい昔話もよく覚えてて、しっかりしたおじさんだったそうなので、それもなんか・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!