異世界の入り口

うちに母親が嫁入り道具として持ってきたらしい、かなり古い洋服ダンスがある。

観音開きになってて、右半分は小物、左半分はコートとか長いものがかけられるようになっている。
小さい頃は、かくれんぼでよくそのコートの奥に隠れていた。
意外に奥行きがあるので、たしかに見えにくいんだが、掻き分ければすぐに分かる。

あるとき、いつものように妹とかくれんぼをしていて、いつものようにその洋服ダンスに隠れた。
意外にしっかりした作りらしくて、中に入って扉を閉めると光はほとんど入らない。
しばらくしても探しに来ないから、自分から出て行ったら外がとっぷり暗くなってた・・・。

おかしいなと思いつつも、居間にいったら母親が出かけるとこだったので、「どっかいくの?」と聞いたら、「あんたがいないから探しにいこうとしてたのよ!」と。

曰く、妹がいつもの場所(押入れとか屋根裏とかベッドの下とか物置の奥とか、洋服ダンスの中とか)を全て探したにも関わらず、どこにも居なかったらしい。

しかも洋服ダンスは2回も探したという。
もちろん隠れている間に扉を開かれればいやでも気づく。

私たちがかくれんぼをはじめたのは昼間3時ごろ。
私が居間に下りていったのは、8時過ぎ・・・。
私の体感時間は10分程度。

空白の約5時間、私は何処に居たんだろう・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!