心肺停止!

誰かに話したくなったから聞いてくれ。

俺21才、某コンビニ店員。
今日は20時から24時までバイトだった。
20時半くらいかな、一人のお客さんが来たんだ。
その人をAとする。

Aは70歳くらいのおじいさんで、まぁちょっと障害もちって感じなんだよね。
一日一回は来るから顔も覚えてた。
んで、レジしたんだけどいつもと少し様子が違ったっていうか、いつも以上に挙動不審だった。

よだれもめちゃくちゃ垂れてた。

んで、Aのレジ終わらせて仕事に戻ったの。

その30分後くらいかな。
またうちの常連客で、70歳くらいのおじいさんが来たんだ。
この人はBとする。

Bも少し障害持ってた感じだった。
んで、BとAは多分友人だったんだと思う。

Bはいっつも、なんかぶつぶつ言いながらカフェオレを買っていくんだけど、今日は違ったの。

B:「心肺停止!心肺停止!」

これを連呼しながらカフェオレを買ってったんだよね。

心肺停止?
何言ってんだこいつwww

・・・なんて思いながら、まぁレジをしたわけ。
そんで、それからまた30分後くらいかな?
今度は警察がお店に来たの。

警察:「Aさんが心肺停止で亡くなった。状況などを教えてもらいたい。」

え?

俺は何が何だか全然分からなかった。
いや、Aはさっきまで生きてて、ここに来て、いつも通りに俺はレジをした。
つい1時間前、その人は確かに生きてた。
常連客だったから顔も鮮明に思い浮かぶ。
警察は、Aがどんなものを買っていったのか、どんな服装で来たのかなどなどを聞いてきた。

警察がなんでそんなことを調べたかったのかは知らない。
ただ、Aの最後のレジをしたのは俺で、その時の状態なども聞かれた。

Aの名前は知らない。
で、30分くらい警察の質問に答えてそのことは終わった。

ただ、それからAの顔が頭から離れないんだよ。
もしあのレジした時に異変に気付いて、一言かけられていたら、こんなことにはならなかったのかも。
なんて考えてしまうんだ。

ただね、警察はBのことについてもすごく聞いてきたんだよ。
まるでBがAを殺した殺人犯みたいに。

すまんな、以上です。
聞いてくれてありがとう。

大事なこと書くの忘れてた。
Aは大量の食料品と洗剤を買っていったんだけどさ、なぜかBがそれを返品に来たんだよ。
洗剤は返品しなかったんだけどな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!