猫に故人の顔を見せると

三年前に祖母が亡くなり、病院から自宅に連れ帰り、家族皆でしみじみ泣いていた。

しかし、『猫に故人の顔を見せると成仏出来ない』と言う地方の習わしがあり、祖母が可愛がっていた猫には祖母を見せず、私は父に言われて猫を外のイナバ物置に連れて行った。

猫は『会わせてよう』みたいな感じで鳴きまくったが、仕方なくイナバへ。
しかしイナバの真ん前にはミリタリー風の古着姿のお兄さんが立っていた。
私がどいてもらう為「すいません」と声をかけると、「もう一回だけ頼んでごらん」と、私が来た自宅を指差した。

私が咄嗟に「だめなんです、きまりだから」と言ったが、お兄さんは「あと一回」と言うと、イナバの中へ消えてしまった。

怖さで自宅に引き返した私は、「ミイちゃんにもお別れさせてあげたいよ!!」と絶叫。
すると父が「・・・わかった。ミイもこっちに来んね」とまさかの許可。

猫は祖母にすり寄りお別れをして、同じ部屋に一晩付き添った。
その後も猫丸出しのまま葬儀を済ませた。

祖母はお盆には戻って来ているらしいので(住職さん談)、一応成仏は出来たようだ。
古着のお兄さんの話は誰にもしていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!