両目だ両目だ

猿夢っぽいのを見てしまった。
いつも夢は白黒だけどその夢に限ってカラーだったしな。

気がつくと自分はすでに台の上に磔にされていた。
バツの字に両手両足拘束。

誰かがやってきた。
5人ぐらいのジジイ達だった。
ジジイ達は俺を囲むようにして並び真正面にいた奴がなにやら黒い箱を持っていた。
赤い字でなにか書いてある。

俺の頭の方にいたジジイが箱の中からなにやら紙をひいた。

「6!」とジジイが叫んだ。

すると「6か、両目だ両目だ」と口々にジジイ共が言い始め頭の方にいたジジイが長い針金のような物を俺の両目に近づけてきた。
ヤバイと思って暴れ、夢の中で目を閉じた。

でも・・・瞼がまるで透けているかのように周りが目を閉じても見えていた。
そして自分の目の前にあった物は・・・目玉が2つ。
それが宙に浮いていた。
気付くと針金が目の前に来ていた!

うわぁ!と暴れたら真っ暗になり目が覚めたようだった。
でも覚める直前の暗闇で「逃げおった逃げおったおしいおしい」という声が聞こえたんだ。

今晩も見たらどうしよう。
あっちの世界で目を針金で潰されてこっちの世界では失明になっちまう・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!