ダンゴムシ見せる癖

あまり怖くないけど前の職場の話。

俺が前に勤めていた病院は、終末期医療をやっている場所でとにかく死者が多かった。
死亡直前で治療が出来ない人が入る場所だから当然とは当然なんだ。

勤務している看護師もコメディカルも医者も全員『霊感が全然ない人』ばかりで、多くの人が死ぬ深夜帯に死体と二人きりになっても誰も怖がらないような職場だった。
理事長だけは自称見える人だったので、占い師を雇っており、その占いに従って病院のあちらこちらに謎の護符などを貼っていた。

昨年の春ごろだと思うが、占い師が護符の貼る場所を全面的に変えた。
その後から、とある部屋でだけ患者さんが妙に早く亡くなるようになった。
統計を取った訳じゃないが、お互い「あの部屋は入れ替わりが激しいね」と話題になった。

昨年夏ごろに系列病院から四十後半の、ダンゴムシを捕まえて鯉に食べさせるのが趣味という謎の内科医が転院してきた。
ターミナル医療をやってみたいらしい。

その内科医を看護師などが案内したところ、護符の場所などをチェックしていたが突然怒り出した。

「この貼り方じゃこの部屋に道が出来る云々・・・」

誰も十分理解出来なかった。

が、後日定例幹部会に占い師が顔を出した時に、その内科医が占い師に怒鳴りつけて護符の場所を変えさせた。

霊感が全然ない俺らはぽかーんとした感じで聞いていたが、その内科医の指摘に従って護符の場所を変えたり、荷物の場所を動かしたりしたら、妙に患者さんが亡くなる部屋が他の部屋と大差ないぐらいになった。

一度本人に聞いたら、裏山(昔、火葬場あり、現在は街になっている)から霊道が云々と説明してくれたが、よく理解出来なかった。

こういう見える人って大変だろうけど役に立つなと思った。
ただ、死にかけのじいさん、ばあさんにダンゴムシ見せる癖だけは早く治してくれと思ったよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!