変にネバネバした液体

子供の頃、近所の神社で一人でブランコに乗っていた。
夏休みの午後3時くらいで丁度誰もいなかった。
ブランコの後側には大きな木が植えてあって、ブランコの上はその木の枝で覆われていた。

ブランコをこいでいると一瞬強い風が吹いた。
その途端、上からザーッと雨のように滴が落ちてきた。

俺の腕や頭にも落ちてきたが、その水滴は水ではなくて変にネバネバした液体だった。

何か樹液でも落ちてきたのかと思ったが、ブランコの鉄柱や鎖にもその液体はいっぱいついていた。

なんだろうと見ていると、透明だった液体がだんだん白く粉をふくように盛り上がりだして、羽が生えてきて小さな蛾のようになり、一斉に飛んでいってしまった。

あれはなんだったのか、まったくわからない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!