何かに導かれていた

子供の頃、『小学○年生』の付録に、日本地図の双六(多分)みたいなのがついてきたの。
それが何故か好きで毎日のように眺めてた。

そして一県だけもの凄く気になる県があった。

そこには親戚知人もいないし、勿論訪れたこともない、家からは何百キロも遠く離れた場所。

それから20年近い月日が流れ、夫となった人は、ずっと気になっていたあの県の出身者。

子供の頃から数度の引っ越し、そして遠方の進学先(私も夫も、縁もゆかりもない地方都市)でようやく出会った。

ここまで何かに導かれていたみたいで不思議な気持ちになる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!