山梨の山中で体験したお話

ハンターです。

山でマチ(獲物が出そうな所でじっと待つ)をしていた時、うっかり寝てしまいました。
ふと目が醒めると、目の前に大きな犬?がいます。

シェパードくらいの大きさ。
獰猛な顔つき。

でも、目は・・・じっとワタシをみているだけで敵意がありません。

「寝ちまったよ。ずっといたのかい?ごめんな、ナカマに合流しなくちゃ。お前もご主人が探しているんじゃないの?お先に下りるね」

座り続けでこわばったケツを揉み解しながら、銃を肩にかけ話しかけました。

と、そのとき、『私には主人はいない。私は私だ。気をつけて帰れ』と、頭の中に声が!

瞬間動けなくなりました。
頭も真っ白です。

その犬を凝視すると、ゆっくりと笑って(そう見えた)山の頂へとゆっくり歩き去っていきました。

姿が見えなくなってから・・・私は一礼して、銃から弾倉を抜いてゆっくり帰りました。

山梨の山中で体験したお話です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!